logo

Kimberly-ClarkがSustainability 2022プログラムの最初の年次業績を報告

Kimberly-Clark Corporation 2017年07月03日 10時16分
From 共同通信PRワイヤー

Kimberly-ClarkがSustainability 2022プログラムの最初の年次業績を報告

AsiaNet 69147 (0975)

【ダラス(米テキサス州)2017年6月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*優先的プログラムとパートナーシップが社会的、環境的、ビジネス的価値を創出

Kimberly-Clark Corporation(キンバリークラーク)は30日、持続可能性に関する年次報告書を発表し、同社のSustainability 2022(リンク )の目標に向けた世界的進展に関する最初のアップデートを提供した。

Photo - リンク

Logo - リンク

昨年導入されたSustainability 2022は、社会的、環境的、ビジネス的価値を創出するために設計されたプログラムによって社会的、環境的課題に取り組むための同社の枠組みである。Kimberly-Clarkは最初の1年で、5つの持続可能性目標のうちの3つを超え、2022年までに全ての目標を達成するか、それを上回る見通しである。

トーマス・J・フォーク会長兼最高経営責任者(CEO)は「Kimberly-Clarkでは、より良い生活のために世界を本質的に導くことが当社のビジョンであり、持続可能性へのコミットメントを通じ、われわれが住み、働き、自社ブランドを販売する地域社会において積極的な環境、社会プログラムを通じて当社の価値を示すことを誇りにしている」と語った。

チーフ・サプライチェーン・オフィサーのサンドラ・マッキラン氏は「われわれは、ビジネスモデル、パートナーシップ、およびビジネス的、社会的、環境的価値を創出するための製品、材料、テクノロジーについて、異なった考え方をしている。われわれは、顧客、消費者、サプライヤー、およびKimberly-Clarkのために、原料から(製品が並ぶ)棚までの価値を創出する持続可能なサプライチェーンを運営する必要があると認識している」と述べた。

同社の2016年の業績の主なハイライト(リンク )は以下の通り:

*社会的影響-顧客、消費者、サプライヤーとともに取り組む中で、Toilets Change Lives(リンク )、No Baby Unhugged(リンク )およびThe Period Project(リンク )などのプログラムは、社会的、地域的な投資を通じ、2016年に200万人以上の困窮する人々の福利厚生の向上に尽力した。これらの投資は衛生へのアクセスを向上させ、子供たちが健康に育つのを助け、女性たちを力付けた。

*森林と繊維-Kimberly-Clarkのティッシュ製品に使用されている繊維の89%は、環境に優しい資源が原料となっている。われわれはまた、消費者を森林保護に参加させるため、Forest Stewardship Council(R)(森林管理評議会)(リンク )とのパートナーシップを強化した。

*廃棄物およびリサイクル-廃棄物およびリサイクルのプログラムを拡大し、サプライチェーンの両端に廃棄物の問題を含めた。2016年には、製造廃棄物の95%を埋立地から転用し、世界のパートナーシッププログラム(リンク )を通じて5000トン以上の使用済み廃棄物を転用した。

*エネルギーと気候-エネルギー管理におけるイノベーションを推進するわれわれの努力(リンク )は、温室効果ガス(GHG)の排出量を2005年比で16.8%削減することを支援した。2005年の基準値には直接的および間接的なエネルギー源(Scope 1およびScope 2排出量(注1))が含まれている。

*持続可能なサプライチェーン-2016年に、同社は労働安全のための新しい規則を導入し、環境コンプライアンス能力を強化し、顧客、サプライヤー、およびKimberly-Clarkの職場に対する合計205件の社会コンプライアンス監査を完了した。さらに、水ストレス地域では、工場やコミュニティー(リンク )をサポートするソリューションの開発に投資した。

Global Sustainability担当上級ディレクターのリサ・モーデン氏は「これらの業績は当社従業員によって達成された。われわれは、自分たちが住み、働いている地域社会や事業のためにより持続可能な未来を創出する上で彼らが果たしているリーダーシップを賞賛する」と語った。

Kimberly-Clarkの2016年Global Sustainability Reportは、同社の戦略と2022年の目標に対する主要業績評価指標を詳細に述べている。この報告書はGlobal Reporting Initiative(GRI)Sustainability Reporting Standards、Core levelに従って組織され、提示された。

Kimberly-Clarkの2016年Global Sustainability Reportの全体、および世界中の従業員やチームからのストーリーについては、ウェブサイトwww.Sustainability2022.com を参照。

▽Kimberly-Clark(キンバリークラーク)について
Kimberly-Clark(NYSE: KMB)と同社の有名世界ブランド商品は、世界175カ国以上で生活に不可欠となっている。世界人口の4分の1の人が毎日、Kimberly-Clark製品、ソリューションを信頼し、健康、衛生、生活を向上するために利用している。Kimberly-Clarkはクリネックス、スコッティ、ハギーズ、プルアップ、コーテックス、ディペンドなどのブランドを持ち、80カ国でトップまたはトップに次ぐシェアを誇っている。最新ニュース、同社の145年にわたるイノベーションの歴史についての詳しい情報はウェブサイトリンク を参照するか、FacebookないしTwitterでフォローを。

(注1)スコープ1温室効果ガスの排出量は、Kimberly-Clarkが直接所有または管理している排出源からのものである。スコープ2の排出量は、Kimberly-Clarkの購入電力の消費による間接排出である。

[KMB-C]

ソース:Kimberly-Clark Corporation

▽問い合わせ先
Terry Balluck, Kimberly-Clark
+1.972.281.1481
media.relations@kcc.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。