logo

OpenStackとDockerは実装する段階へ、Dockerコンテナ管理ツールはKubernetesが主流に

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「OpenStackとDockerは実装する段階へ、Dockerコンテナ管理ツールはKubernetesが主流に」を公開しました

###

調査会社のIDC Japanは2017年5月18日、「2017年 国内OpenStack/Dockerの導入状況に関するユーザー調査結果」を発表しました。

本調査では、

OpenStackの導入状況については、

「本番環境で使用している」10.6%(前年比3.6ポイント上昇)
「開発/テスト/検証段階」14.4%(前年比6.1ポイント上昇)

などの結果から、OpenStackの導入については、計画/検討段階から具体的な実装段階に入った企業が増加しています。

OpenStackは、クラウドサービス事業者や、自社のプライベートクラウドの基盤での採用は増加傾向にあります。

OpenStackを使用していく上での課題については、

「OpenStackに精通しているエンジニアが少ない」が25.0%と最も多く、「半年ごとのメジャーリリースに追従できない」と「OpenStackの信頼性に不安が残る」が17.2%と続いています。

OpenStackは各コンポーネント別の仕様を理解する必要があり、対応できるエンジニアを揃えていくには難しいところもあり、人材育成が急務となっています。また、OpenStackはメジャーリリースのアップデートが半年ごとに行われており、特に、クラウドサービス事業者は、バージョンロックインの懸念も指摘されています。

リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。