logo

トレンドマイクロ株式会社から若手・中堅人材2名がレンタル移籍、「株式会社マツリカ」「大井川鐵道株式会社」へ。

株式会社ローンディール 2017年06月30日 15時00分
From PR TIMES

ベンチャー企業への出向を通じて次世代リーダーの育成やセキュリティ人材のエコシステム構築に着手。

企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開する株式会社ローンディール(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:原田未来)は、レンタル移籍の事例として、トレンドマイクロ株式会社(リンク)から2社へのレンタル移籍が決定したことを発表します。

*レンタル移籍:出向等の企業間契約に基づいて、人材が元の企業に在籍したまま期間を定めて他社で働く仕組み。貸出企業の人材育成、受入企業の人材増強を目的として活用されます。現在は主に大企業からベンチャー企業へのレンタル移籍が中心となっています。



■取り組みの背景
トレンドマイクロは、社外経験を活用した次世代リーダーの育成、さらには情報セキュリティに専門性を持った人材の流動化によりエコシステムを構築するという構想に基づき、レンタル移籍の導入いただいております。このたび、2017年7月からの移籍として2名が選抜され、受入企業は株式会社マツリカ、大井川鐵道株式会社となることが決定いたしました。

■株式会社マツリカへのレンタル移籍


[画像1: リンク ]

株式会社マツリカはAI搭載の営業支援ツール「Senses(センシーズ)」を運営するベンチャー企業。
Senses(センシーズ)URL:リンク

移籍するのは32歳男性で、トレンドマイクロではシニアエンジニアとしてエンタープライズ製品の顧客サポート業務を担当しており、本人のマーケティング経験を積みたいという要望もあり今回の移籍が実現しました。

■大井川鐵道株式会社へのレンタル移籍
大井川鐵道株式会社は蒸気機関車(SL)を年間300日以上運転し、アジアで初の「きかんしゃトーマス」公式イベント『Day out with Thomas』も開催する静岡県の鉄道事業者です。国内・海外の旅行者に向けた“観光路線”としての特色と、生活の基盤となる公共交通としての機能を持続的に提供できる事業の推進に取り組んでおり、経営企画から事業推進まで全般を担える人材の必要性から、このたびのレンタル移籍導入を決定しました。
大井川鐵道URL:リンク

移籍するのは37歳、課長職2年目の男性で、トレンドマイクロの事業領域を超えてビジネスや経営全体の理解を深めることを目的として、大井川鐡道への移籍を選択しました。

※いずれも、2017年7月~2018年6月まで1年間のレンタル移籍となります。

今後も、ローンディールはレンタル移籍プラットフォームを通して、「日本的な人材流動化」の実現に取り組み、企業の人材育成や新規事業創出に貢献してまいります。

【参考情報】
[画像2: リンク ]

トレンドマイクロ株式会社
トレンドマイクロ株式会社は、より安全な情報社会とお客様の未来を創造する、インターネットセキュリティのリーダー企業です。個人および法人のお客さまや、政府を 始めとした公共機関のお客さまの情報資産を守ります。
URL:リンク

[画像3: リンク ]

株式会社ローンディール
企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」を展開。イノベーション力の開発を中心とした人材育成の手法として出向制度の活用を提唱するプラットフォームとして2015年9月にサービスを開始。2017年5月現在、加盟企業は120社を超えています。
URL:リンク

※メディア各社様へのお願い
本件に関するご取材のご依頼は、本リリース配信元の株式会社ローンディールへご一報ください。直接出向先企業へのご連絡はお控えくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事