logo

累計発行部数1億部を突破した集英社の世界的人気コミック作品「ジョジョの奇妙な冒険」公式アプリを共同企画、「PUBLUS」をベースに開発

ACCESS 2017年06月30日 12時10分
From PR TIMES

―30周年を記念して、6月30日より配信開始―

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、株式会社集英社(本社:東京都千代田区、以下集英社)の「ジョジョの奇妙な冒険」30周年記念公式アプリを共同で企画するとともに、EPUB準拠の電子出版ソリューション「PUBLUS(R)(パブラス)」をベースにiOS・Android対応アプリを開発し、提供しました。本アプリは、2017年6月30日よりApp StoreおよびGoogle Playにて配信開始される予定です。



「ジョジョの奇妙な冒険」は、1987年に連載が開始され、今年30周年を迎える人気コミック作品です。単行本の累計発行部数は1億部(2016年12月時点)を超え、アニメ化・ゲーム化・小説化もされ、海外でも広く読まれています。30周年を記念して配信される公式アプリは、一話単位で読むことができ、また「イギー人間に飼われる」をはじめ、「今日の名言」、「物語を地図でたどる」など、作品の世界をより深く楽しめるよう、電子書籍ならではの施策が盛り込まれています。

この度ACCESSは、コミック作品の電子書籍サービス開発におけるノウハウと実績を結集し、「ジョジョの奇妙な冒険」公式アプリを「PUBLUS」をベースに開発するとともに、集英社の監修の下、「イギー人間に飼われる」や「物語を地図でたどる」の企画・制作に携わりました。なお、本アプリのコンテンツの管理・登録・サービス運用は株式会社ICEが行います。

引き続き、ACCESSは、「PUBLUS」をベースに電子書籍事業者のシステム開発およびコンテンツ制作を支援し、電子書籍市場の拡大を推進してまいります。

「ジョジョの奇妙な冒険」公式アプリの詳細は、集英社の公式情報にてご確認ください。
URL:リンク

「PUBLUS」について
「PUBLUS」は、電子書籍ビューアやコンテンツ配信、売上管理システムなど、端末からサーバシステムまでを包括的にサポートする電子出版プラットフォームです。国内外の大手出版社、電子書籍サービス事業者などに多数採用されています。

集英社のマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」や、電子書店アプリ「ジャンプBOOKストア!」、「マーガレットBOOKストア!」などにも採用されています。
リンク
[画像1: リンク ]



■ 「ジョジョの奇妙な冒険」公式アプリ
[画像2: リンク ]

※上記は、すべてイメージ図です。


■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
リンク
[画像3: リンク ]


※ACCESS、ACCESSロゴ、PUBLUS、PUBLUSロゴは、日本国、米国及びその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。