logo

最年少棋士も受けた「モンテッソーリ英才教育」無料体験キャンペーンをキッズラインが開始【先着50名限定】

株式会社キッズライン(KIDSLINE inc.) 2017年06月30日 09時19分
From PR TIMES

スマホで呼べるベビーシッターサービス「キッズライン」を運営する、株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、今メディアでも話題の藤井聡太四段やビルゲイツ・ザッカーバーグも幼児期に受けたという「モンテッソーリ教育」に興味のある親御さんに無料体験キャンペーンを実施する。




[画像1: リンク ]


◼︎モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育とは、イタリア初の女性医師として知られるマリア・モンテッソーリ(1870~1952)によって考案された教育法。そしてこの教育の基本的な考え方には「子どもは生まれながらにして、自分自身を成長させ、発達させる力をもっている為、大人(保護者や教師)は、子どもの成長要求を汲み取らなければならず、子どもの自由を保証し、自発的な活動を助ける役割にを果たすべき」というもので、現在世界で活躍する起業家や天才と呼ばれる人も多くこの教育を受けていると言われている。例えば、オバマ前大統領、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツやFacebook 創業者のマーク・ザッカーバーグ、そして日本で最近将棋の連勝記録で話題の藤井聡太四段もその一人だ。

◼︎モンテッソーリ教育の特徴

モンテッソーリ教育では個性的な教具を使い、大人を真似た日常生活の練習から色彩などの感覚教育、言語教育、算数教育などを主に0歳~6歳の未就学児に向けて行っていき、あくまでも子どもの自主性が尊重される時間を過ごす。藤井聡太四段の連勝記録が続けば、日本でもモンテッソーリ教育はますます注目を集めることは間違いない。

◼︎送迎不要・用意不要で、モンテッソーリ教育を無料体験できるキャンペーンを開始 先着50名

そこでキッズラインは、ますます注目を集める「モンテッソーリ教育」を試してみたいと思う親御様向けに、子供も慣れた環境である「自宅で無料体験」ができるキャンペーンを開始。キッズライン登録のベビーシッターの中からモンテッソーリ教育ができるシッターにスマホから予約すれば、あとは当日を待つのみ。お天気が悪くても自宅で待っていれば先生シッターがおもちゃなどを持って来てくれるので、ママの負担も少なく気軽に体験が可能だ。

|キャンペーン応募はこちらから|
リンク

[画像2: リンク ]


キッズラインでは様々なモンテッソーリ教育対応可能ベビーシッターが登録しており、自宅から近い人や時給で絞り込んだり、利用者からのレビューを見ることができるので、口コミを参考にしながら子供にあった体験が可能だ。

また1日体験体験で気に入ったサポーターを週1回、週2回と定期利用することも可能で、通っている幼稚園と併用して利用することもできる。

|モンテッソーリ教育に対応するサポーターを見る|
リンク

■キッズラインはシッターだけじゃない

キッズラインのシッターは保育だけにとどまらず、 +αの付加価値を提供してくれるところも人気の秘密だ。 有名大学生による家庭教師、 夏休みの自由研究を一緒にしてくれるシッター、 習い事感覚で英語やピアノ・バイオリンを教えてくれるシッター、産後ママのサポートをしてくれながら保育や育児のプロに育児の悩みを相談できたりと登録するシッターは個性豊かだ。

<報道関係者の皆様へ、取材のお願い>
私たちキッズラインは、日本に新しい育児インフラを作るべく「日本にベビーシッター文化」を掲げ、「すべての女性が母になっても自分らしく輝ける社会の実現」を目指し活動しています。今回は、今話題のモンテッソーリ教育を自宅で無料体験できるシッターを紹介し、お子様の可能性を広げるお手伝いをしています。ぜひ本件につきまして取材にご協力頂ければと思います。

|本リリースの元記事はこちら|
リンク

■ KIDSLINE(キッズライン)とは リンク
「キッズライン」は1時間1,000 円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOSアプリでも利用可能)です。現在1000名ほどの保育士や幼稚園教諭、東大生などの、弊社で面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加、リピート率も約80%となっています。数多くのマスコミなどにも取り上げられ、最近では自治体や法人にも導入され、小池塾の託児運営も任されるなど利用の裾野を広げています。

■ 会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:リンク

■ 当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。