logo

「年金受給資格期間の短縮による外国人従業員への影響について」

鈴与シンワートは人気社労士の溝口知実先生のコラム「年金受給資格期間の短縮による外国人従業員への影響について」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。

###
こんにちは。特定社会保険労務士の溝口知実です。外国人の入社や退社に伴い、外国人に適用する日本の年金制度について、人事担当者様からしばしばお問い合わせをいただきます。
お問い合わせ内容としては、帰国する外国人従業員が厚生年金の資格喪失後に一時金で受け取る「脱退一時金」の請求方法等が主なものです。
しかし、年金機能強化法の改正により、今年8月1日より年金の受給資格が原則25年から10年に緩和されることで、短期在留の外国人でも日本の年金を受け取れる対象者が広がります。
今回は、外国人従業員の年金加入及び8月の法改正による影響について述べたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。