logo

ACCESS、ハイパフォーマンスブラウザの最新版「NetFront Browser BE v2.4」を開発、提供開始

ACCESS 2017年06月27日 11時00分
From PR TIMES

-4K・8KテレビからIVIまで最先端のWebサービスを実現-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、Chromium Blink対応ハイパフォーマンスブラウザの最新版「NetFront(R) Browser BE v2.4」を開発し、本日より、提供開始しました。



「NetFront(R) Browser BE」は、Chromium Blinkエンジン搭載のハイスペックHTML5ブラウザで、ハイエンド組込み機器のマルチコアCPU/GPUといったハードウェア資源を最大限に活用できる構成を実現しています。ハイエンドのスマートテレビや、車載インフォテインメントシステム(IVI)、セットトップボックス、ゲーム機など、最新のHTML5規格対応の次世代プラットフォーム実装を目指す企業にとって理想のブラウザソリューションです。

近年、あらゆる機器でコンテンツ視聴を可能にするマルチススクリーンサービスへの需要が拡大しています。こうした中、事業者は、複数の異なる機器上で優れた視聴環境を短期間かつ低コストで開発・提供する必要がありますが、HTML5はそれを効率的に実現する唯一の方法といえます。

最新版「NetFront Browser BE v2.4」では、HTML5対応機能の拡充に加えて、サードパーティ製メディアプレイヤーへのサポート機能も拡張し、最新の放送・通信の国際規格にも準拠していますので、事業者は、本ブラウザ一つで、各市場のユーザーが求める有料番組などプレミアムコンテンツの視聴環境を効率的に構築することが出来ます。

「NetFront Browser BE v2.4」の主な特長

● 外部メディアプレイヤーAPI(新機能)
ACCESSが提供するメディアプレイヤーAPIにより、Chromiumビルトイン型メディアプレイヤーを利用することなく、市場実績のあるサードパーティ製メディアプレイヤーとの実装を容易に実現します。デコードやDRM処理といった高負荷な処理が発生した場合、ハードウェアアクセラレーション(ハードウェア側のリソースを使うことで処理速度を向上すること)が可能となります。CPUへの負荷を低減し、UIの反応がよりスムーズになりますので、高品質なユーザーエクスペリエンス(UX)を提供できます。

●外部メディアデコーダAPI(新機能)
YouTubeやその他のW3C Media Source Extension(MSE)やW3C EME (Encrypted Media Extensions)を利用したOTTプラットフォームについて、ハードウェアベースのビデオデコーディングの実装を容易にします。

●コンテンツ保護
暗号メディア拡張(EME)により、プレミアムコンテツへのアクセスは、標準的な手法として確立された著作権管理(DRM、 Digital Rights Management)で制御します。

●最新の放送・通信規格をサポート(新機能)
- HbbTV 2.0.1(セカンドスクリーンやDIALを含む)
- 4K・8K対応ARIB STD-B62/TR-B39(第2世代デジタル放送)
- Freeview Play 2017
- YouTube on TV 2017

●主要システムオンチップ(SoC)に対応
- ブロードコム、MStar、 Intel、ルネサスエレクトロニクス、アムロジック、ソシオネクストなど

●継続的なChromium最新仕様のサポート

「NetFront Browser BE」に関する詳細は、リンクをご参照ください。


■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
リンク


[画像: リンク ]



※ ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事