logo

サッカーを通じた国際青少年交流プログラム F4F FIFAコンフェデレーションズカップ開催中のロシア渡航を目前に参加選手がJFAハウスを訪問、スタッフへのインタビューを実施

フットボールフォーフレンドシップ日本広報事務局 2017年06月26日 13時54分
From Digital PR Platform


6月25日、第5回フットボール・フォー・フレンドシップ(Football for Friendship / F4F)の一環として、東京都文京区のJFAハウスにて、6月26日よりロシアのサンクトペテルブルクに渡航する選手およびヤングジャーナリストによる、日本サッカー協会関係者へのインタビューが行われました。

フットボール・フォー・フレンドシップは、6月26日から7月3日までの期間、ロシアのサンクトペテルブルクで行われる、サッカーを通じた国際青少年交流プロジェクトです。期間中は、4大陸・64カ国から集まった、12歳のサッカー選手64人が8つの国籍混合チームに分かれ、トレーニングキャンプおよびトーナメントを行います。今回のインタビューは、このプロジェクトの基本精神である9つの価値観(友情、平等、スポーツマンシップ、健康、平和、熱意、勝利、伝統、リスペクト)を世界中に広めるためにはどうすればいいか、子どもたちが自身の意見をまとめることを目的に行われました。F4Fに参加する64カ国すべての国で同様の催しが行われ、子どもたちは著名なサッカー選手や政治家などを含む、各国のオピニオンリーダーと議論を交わしています。

日本では、日本サッカー協会 理事・女子委員長の今井純子さん、日本サッカー協会 グラスルーツ推進部部長の松田薫二さん、他1名がインタビューに参加しました。3人からは、サンクトペテルブルクに渡航する中原選手へ、「恥ずかしがらずに色々な国の人に自分から積極的に声を掛けて、たくさんの友人を作ってきてください」、「失敗を恐れず、楽しんでいるイメージを持ってチャレンジしてきてください」といったエールが贈られました。インタビュー終了後、中原選手は「チームのみんなと協力して、一人のメンバーとしていいプレーをしたい。ミスがあっても、楽しくサッカーができたらいい」と意気込みを語りました。

中原選手およびヤングジャーナリストは、6月26日に日本を出発し、FIFAコンフェデレーションズカップが行われているロシア・サンクトペテルブルクに降り立ちます。中原選手はDFとして日本、アメリカ合衆国、フィンランド、ベトナム、ルーマニア、ノルウェー、セルビア、ウズベキスタンの8カ国の選手が集まった国籍混合チームに参加します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。