logo

阿部真央、圧倒的な歌声と表現力で魅了する最新ステージの模様をWOWOWで6月24日(土)独占放送!

阿部真央らいぶNo.7 6月24日(土)夜11:00 [WOWOWライブ]



[画像1: リンク ]

 2009年のメジャーデビュー以来、等身大の歌詞と表現豊かな歌声で同世代を中心に支持を誇るシンガー・ソングライター阿部真央。最新アルバム『Babe.』を携えて約2年振りに全国ツアー「阿部真央らいぶNo.7」を開催。その最終日となった4月23日の東京国際フォーラム ホールAでの公演の模様をWOWOWで放送する。


 『Babe.』は今年2月、約2年振りにリリースされた7枚目のオリジナルアルバム。出産、離婚などさまざまな経験を重ねた彼女の変化が投影された作品として注目を集めた。今回のツアーの集大成となる東京公演で、阿部は説得力を増した歌声と魅力的なパフォーマンスで観客を圧倒した。

[画像2: リンク ]

 オープニングは、バラード曲「愛みたいなもの」。哀切と新たな決意も感じさせる楽曲をアカペラで歌い始め、その世界観に観客を一気に引き込むと、次は一転、ギターをかき鳴らし、ロックナンバーで会場の熱気をどんどん高めていく。「Don't let me down」などをアグレッシブなパフォーマンスで畳み掛け、「ふりぃ」では感情を解放させるかのような伸びやかさで観客を沸かせる。抜群の歌唱力、聴く者の心をとらえて離さない感情表現は阿部の真骨頂だ。

[画像3: リンク ]

 アコースティック編成でのステージも出色。母になった想いを綴った「母である為に」は慈愛に満ちた歌声が心を揺さぶり、「側にいて」では切なさが胸を打つ。シンプルな演奏が歌の力を際立たせ、表現者としての存在感を鮮烈に印象づけた。

[画像4: リンク ]

 後半戦は、スケール感のある楽曲で盛り上げていく。軽快なアップチューンやヘヴィなロックナンバーを力強く披露し、「ロンリー」「伝えたいこと」といった曲では、ストレートなメッセージをあふれんばかりの熱情で弾けるように届け、会場の一体感を作り出していった。同世代の女性たちから絶大な共感を得ている阿部。昨年リリースした「女たち」では、頑張っている女性にエールを贈り、ポジティブなエネルギーを会場に満たしていった。

[画像5: リンク ]

 この2年振りのツアーで完全復活を果たした阿部真央。磨きがかかった唯一無二の歌声に、率直な思いが心に響く歌詞、そしてロックからポップ、バラードまで多彩かつクオリティの高いサウンド。アーティストとして進化を続ける阿部の新たな一歩となった最新ステージは必見だ。

 この模様は、WOWOWで6月24日(土)夜11:00から放送される。


■■■WOWOW番組情報■■■
阿部真央らいぶNo.7
6月24日(土)夜11:00 [WOWOWライブ]
収録日/場所:2017年4月23日/東京 東京国際フォーラム ホールA

★プレゼントキャンペーン実施中


【テレビ会員様限定】
抽選で100名様に阿部真央×WOWOW オリジナルコースターをプレゼント!


[画像6: リンク ]

※写真はイメージです。


★詳しい番組詳細、プレゼントの応募、プロモーション映像は番組特設サイトまで
【番組特設サイト】 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。