logo

ペットは地域社会を結びつける「接着剤」となる、マースペットケアが明らかに

マースペットケア 2017年06月20日 16時15分
From 共同通信PRワイヤー

ペットは地域社会を結びつける「接着剤」となる、マースペットケアが明らかに

AsiaNet 68933

ブリュッセル(ベルギー)、2017年6月20日/PRニュースワイヤー/ --

新たな研究によると、ペットを飼っている方が地域社会とのつながりをより強く実感していることが判明

リンク

新たに発表された研究によると、ペットを飼っている人はペットを飼っていない人に比べて地域社会と強く繋がりがあることが分かりました。ペットを飼っている人は、常に近隣の方々と互いに助け合ったり、近隣から好意的に思われたり信頼されるなど、社会的利益を受けやすくなっているのです。この研究は、ペットを飼うことは地域社会や近隣の生活において貴重かつ有益であるという説を裏打ちしています。

研究主任のリサ・ウッド博士は、「ペットが地域社会を結びつける『接着剤』、あるいは『社会関係資本(ソーシャルキャピタル)』の役割をするという考え方は、現在広く研究されている社会的な緊張をほぐすもの(アイスブレイカー)としてのペットの役割を超越しています。私たちは、ペットがどこまで社会的交流を促し、『地域を結びつける絆』を作り出すのかということに興味を持ちました」と述べています。

SSMポピュレーション・ヘルス(SSM-Population Health:SSM-Population Health )に発表された西オーストラリア大学(University of Western Australia)の研究は、マース ペットケアのウォルサム研究所ペット栄養学センター(WALTHAM Centre for Pet Nutrition)と共同で行われ、人口・国際医療学部(School of Population and Global Health)のリサ・ウッド博士が指揮を執りました。研究者たちは、米国の3都市(サンディエゴ、ポートランド、ナッシュビル)とオーストラリアの1都市(パース)でペットを飼っている人、および飼っていない人合わせて2,500人以上を調査しました。調査では、思いやり、フレンドリーさ、信頼性、地域社会での市民活動など、社会関係資本のさまざまな側面を評価しました。これは、初めて2カ国でペットの社会関係資本の効果を調査する研究でした。ペットを飼うことは、ペットを全く飼わないよりも社会関係資本としての価値が高いことが連想されました。この結果は、調査対象となる4都市すべての人に共通していました。

リサ・ウッドは、「犬の散歩から強く連想されるのは、近隣での監視力を増強し地域社会の安全認識を高める方法としての犬の散歩の役割に関連しているのかもしれません。一般的に、ペットは近隣の人との初対面の際の助けになり、庭のフェンス越しの会話の話題になることも多いのです」と語ります。

ウォルサムHAI(人間と動物の相互作用)のサイエンティフィック・リーダー、サンドラ・マッキューンは、次のように述べています。「ペットを飼うことは、健康と地域社会的利益をもたらします。また、ペットの社会的影響を真剣に取り上げるべきだとの声も高まっています。同研究はこの課題および『ペットに優しい』都市、町、宿泊施設の実現をさらに後押しするものとなると思います。犬の散歩に適した公園やオープンスペースを利用できることが、ペットの幸せにも、人々がペットを飼うことによる恩恵を存分に受けるためにも不可欠です」

ウォルサム研究所ペット栄養学センターについて:
ウォルサム研究所ペット栄養学センターは、マース ペットケアの基礎科学センターであり、犬、猫、馬、鳥、魚の栄養学とウェルビーイング、また人と動物の関係学に重点を置いて研究しています。英国レスターシャーに拠点を置くウォルサム(TM) の専門技術と知識は、実際にコンパニオンアニマルのニーズに合う革新的な製品開発の情報源になっています。50周年を迎えたウォルサム研究所は、この分野で多くの重要な躍進を遂げており、査読を経た科学論文を600以上発表しています。現在ウォルサム研究所は世界最先端の科学機関と協力し、「ペットのためのより良い世界(A Better World for Pets)」を実現するというマース ペットケアのビジョンを推進、そしてペディグリー(R)、ウィスカス(R)、ロイヤルカナン(R)、バンフィールド動物病院、アイムス(R)、シーザー(R)、ニュートロ(TM)、シーバ(R)、ドリーミーズ(R)、ユーカヌバ(R)などのマースの主要ブランドを支える科学を提供しています。
リンク


情報源:マースペットケア


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。