logo

Samsung、Galaxy S8にIDTの高効率ワイヤレス給電ソリューションを採用

Integrated Device Technology, Inc. 2017年06月20日 12時20分
From JCN Newswire


SAN JOSE, CA, Jun 20, 2017 - ( JCN Newswire ) - IDT(R)(Integrated Device Technology, Inc.、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:IDTI)は本日、Samsungの最新のスリムボディーGalaxy S8とS8+に高速ワイヤレス充電を提供するために、IDTと Samsungが 再提携したことを発表しました。IDT(R) の先進的な技術には、モバイル機器を有線接続なしでワイヤレスに充電するために必要なすべてのハードウェアとソフトウェアが含まれており、Samsungの高速充電技術を可能にします。GalaxyスマートフォンとGearスマートウォッチでのこれまでの成功に基づき、Galaxy S8 は、SamsungとIDTのワイヤレス給電技術に関する取り組みにおいて重要な発展を表しており、安全なMST(Magnetic Secure Transmission)方式の統合へと拡大します。

「Samsungはワイヤレス給電を早期に導入し、牽引し続けており、IDTはSamsungに信頼される先進的なワイヤレス給電 チップのサプライヤーであり続けます。」IDTのバイスプレジデントであり、モバイル製品グループのジェネラルマネージャーであるDave Shepardは述べています。「当社のワイヤレス給電チップは、Samsung に何度も採用されており、2社のパートナーシップによって、業界をリードするこの最先端の携帯電話向け高効率ワイヤレス給電への転換と安全な決済取引を可能にします」

Samsungの高速充電ソリューションは、WPC(Wireless Power Consortium)製品の認証済みQi準拠のワイヤレス充電パッドとも互換性があります。IDTワイヤレス給電レシーバは、柔軟な32ビットARMのM0コアアーキテクチャをベースに業界最高の集積度と最小サイズのソリューションを提供しています。

世界的なリーダーにワイヤレス給電技術を提供することに加え、IDTは、1~15Wに対応できるワイヤレス給電リファレンスキットを発表しており、様々なエレクトロニクス企業が自社製品の設計にワイヤレス充電トランスミッタ/レシーバ機能を簡単に組み込むことができるようにしています。

IDTの業界をリードするワイヤレス給電製品に関する詳細情報は、 リンク から入手するか、 IDTの 販売代理店にお問い合わせください。

IDT社について

IDT社(Integrated Device Technology, Inc.)は、顧客の用途に最適化したシステムレベルのソリューションを開発します。RF、高性能タイミング、メモリーインタフェース、リアルタイムインターコネクト、オプティカルインターコネクト、ワイヤレス給電、スマートセンサーの分野において、システムに関する専門技術で市場のリーダーシップをとっています。これら技術を利用して、通信、コンピュータ、民生用電子機器、車載、産業の用途向けに完全に最適化したミックスド・シグナル半導体のソリューションを提供しています。本社は、米国カリフォルニア州サンノゼ。世界中に設計、製造、販売の拠点があります。IDT社の株式はNASDAQ Global Select Stock Market(R)市場で取引されています。証券コードは「IDTI」。IDTに関する詳しい情報は www.idt.com をご覧ください。Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTube、Google+でもご覧いただけます。

Facebook: リンク
LinkedIn: リンク
Twitter: リンク
YouTube: リンク
Google+: リンク

IDT、IDTのロゴおよびZMDIは、Integrated Device Technology Inc.の商標または登録商標です。製品やサービスを特定するために使用されるその他のブランド名、製品名、マークは、各所有者の商標または登録商標の場合があります。

<本プレスリリースに関するお問合せ先>
日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社
105-0012 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル6F
マーケティング コミュニケーションズ 本田 真由美
TEL: 03-6453-3039
FAX: 03-6453-3011
E-mail: mayumi.honda@idt.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。