logo

芝浦工業大学 -- 豊洲運河でカフェ&クルーズを行う「夏の船カフェ」を6月30日から3日間開催 ~地域とともに 豊洲の豊かな水辺空間をプロデュース

芝浦工業大学 2017年06月20日 08時05分
From Digital PR Platform


6月30日(金)~7月2日(日)、芝浦工業大学(東京都江東区豊洲/学長:村上雅人)豊洲キャンパス裏の豊洲運河沿いで、カフェと運河クルーズを行うイベント「夏の船カフェ2017」を開催する。今年で8回目となる同イベントは、豊洲運河を活用して豊かな水辺を生かしたまちづくりを目指す「豊洲地区運河ルネサンス協議会」(*)主催により、芝浦工業大学のほか、クルージング運行会社、地元商店街、保育園など各団体が連携・協力し、開催されるもの。


■船カフェと運河クルーズを楽しめる3日間 今年は子ども向けイベントを拡充

◆開催概要
【日 時】
 6月30日(金)~7月2日(日)11時~15時
※天候により、クルージング・営業を中止する場合あり
【場 所】
 芝浦工業大学 豊洲キャンパス裏 豊洲運河浮桟橋(東京都江東区豊洲3-7-5)

●カフェメニュー
 パン、お菓子、コーヒー、ジュースなど
※土日限定で軽食、アルコール類、おつまみの販売もあり
●運河クルーズ
※土日限定・1日4便(各45分)・今年は初めて屋形船を使用
 料金¥500(ひざ上のお子様は無料)
 先着順・60名まで(午前10時から一斉販売)

※詳細は下記WEBサイトを参照
 リンク

■教職員、学生が一つになって運営に参画
 都市計画、まちづくりを専門とする志村秀明教授(建築学科)が指導する地域デザイン研究室も研究の一環として、本イベントの企画・運営・広報活動に参加している。当日は運営スタッフとして学生・教職員が一丸となり、豊洲の水辺を生かした豊かな空間をプロデュースする。
 今後も芝浦工業大学は、キャンパス裏に船着き場があるというロケーションを生かしながら、人々が集まる拠点づくり、まちのコミュニティ活性化に寄与していく。

(*)豊洲地区運河ルネサンス協議会とは
 豊洲地区運河ルネサンス協議会(現在20団体)は、豊洲地区の町内会や企業、大学、小学校などが集まり、2007年より豊洲地区で水辺を生かしたコミュニティづくりを目指して活動している。

▼本件に関する問い合わせ先
 芝浦工業大学 経営企画部企画広報課
 担当: 荻田
 TEL: 03-5859-7120
 E-mail: shougai@ow.shibaura-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。