logo

2017年7月7日「ADAユーザコンファレンス2017-進化するモノづくりCAE-」開催のお知らせ

アプライドデザイン株式会社 2017年06月16日 14時18分
From PR TIMES

世界的なものづくり有識者がCAEを語る基調講演のほか、国内外の最新CAE解析事例を紹介

アプライドデザイン株式会社(略称: ADA、本社: 東京都文京区、代表取締役: 三宅昌昭、)は、2017 年7 月7 日(金)にベルサール九段にて「第18回 ADAユーザコンファレンス217」を開催することをお知らせします。

例年開催で18回目を迎える当コンファレンス、本年は自動車業界、鍛造協会においてグローバルモノづくりに多大な貢献をされてきた著名な方々の基調講演と共に、鍛造、押出し、ロール成形、板成形など様々な製造業分野における国内外(海外開発者講演では同時通訳有り)の最新CAE事例をご紹介します。
尚、コンファレンス終了後は同会場にて技術交流懇親会を予定しています。



[画像1: リンク ]

講演内容
============
■特別基調講演■


『CAEを活用した塑性加工の高精度化・高品質化に関する研究』講演者: 石川 孝司 博士(元 日本塑性加工学会 会長 / 中部大学 工学部 機械工学科 教授)
『日本の精密鍛造技術の歴史と発展』講演者: 竹内 雅彦 氏(元 トヨタ自動車株式会社 第5生技部長/元 愛知製鋼株式会社 常務取締役/元 日本鍛造協会 会長/株式会社コンサテック 代表取締役)


---------------------
■国内ユーザ事例講演■
1.『国内外の先端鍛造技術にかかわる部材開発とCAE(仮題)』 
 講演者:五十川 幸宏 博士
(元 日本塑性加工学会 鍛造分科会 主査/元 大同大学 工学部 総合機械工学科 機械システム専攻 教授)

2.『QFORMの押出解析事例及びICEB2017国際押出BT最新情報-QFORMによるコンフォーム連続押出しの解析-』
 講演者:星野 倫彦 博士
(日本大学 理工学部 機械工学科 教授/日本塑性加工学会 押出加工分科会 主査)
---------------------
■海外招待講演■(全て同時通訳あり)
1.『QFORM VX 及び RingRolling の革新的な新機能および解析事例』
2.『QFORM VX Extrusion と押出ダイデザイナー QExDDの新たな展開』
3.『COPRA FEA/RF V2017の新機能及び先進解析事例(仮題)』
4.『革新的3D・フレキシブルロールフォーミングテクノロジーの最新情報(仮題)』
5.『次期日本語Stampack V7.* の新機能及び解析事例(仮題)』

※その他の国内ユーザ事例講演も予定しております。
※プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
※各講演者やスケジュール詳細・参加お申込みは、下記の特設Webサイトをご覧ください。
リンク

[画像2: リンク ]

======
 概 要
======
名称:第18回 ADAユーザコンファレンス2017 -進化するモノづくりCAE-
開催日時:2017年7月7日(金)9:50~17:30(9:20受付開始)
※技術交流懇親会:17:45~19:00
会場 : ベルサール九段 3Fホール
参加費用:無料(事前登録制)
主催 : ADAユーザ会 アプライドデザイン株式会社
協賛 : QuantorForm社、dataM Sheet Metal Solutions社、Quantech社、CIMNE、ESRD社、VM Tech社、日本ユニシス(株)、日本ユニシスエクセリューションズ(株)、(株)日本HP、(株)構造計画研究所

※概要の詳細につきましては、下記Webサイトをご覧下さい。
リンク

==============
本件に関するお問合せ先
==============
アプライドデザイン株式会社 ADAユーザ会事務局(脇田・古川)
113-0033 東京都文京区本郷3-40-11 柏屋ビル6F
TEL: 03-3815-6335
FAX: 03-3815-6336
mail: info@ada.co.jp

アプライドデザインについて
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
1994年12月、Advanced Technology と Global Network を駆使し、シミュレーションの大衆化と設計と生産技術の自動化を目指すエンジニアリング ソフトウェア企業として設立されました。 現在、製造業生産技術系部門に向け、”グローバルモノづくり CAE ソリューション”をトータルに提供しております。

アプライドデザイン株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧下さい。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事