logo

ヒューマンスターチャイルド 保育所と保護者を支えるICTシステムを導入

ヒューマン 2017年06月15日 14時30分
From PR TIMES

スマホアプリから欠席連絡、連絡帳や園だよりの閲覧も可能に 保育士の負担軽減で働き方改革を推進

 ヒューマンアカデミー株式会社の事業子会社で保育事業を展開するヒューマンスターチャイルド株式会社(本社:横浜市、代表取締役:川下裕左、以下「当社」)はこのほど、保育士が保育業務に集中できると共に、保育所と保護者の間のコミュニケーションツールとして活用できる専用システムを、当社が運営する認可保育所全15園で導入しました。これに伴ってタブレット端末等を、およそ140台導入。ICTによる業務効率化を実現し、保育士の働き方改革を推進します。



■背景
近年、待機児童とともに、保育士の就業環境が社会問題となっています。民間企業の調査(※1)では、持ち帰り残業が「週に1日以上」あると答えた保育士の割合が83.8%に上り、「ほぼ毎日」あると回答した人の割合も3割を超えています(32.8%)。また、「東京都保育士実態調査」(2014年)では、退職を希望する理由(複数回答)として、「仕事量が多い」が2番目に多い52.2%に上るなど、保育士にとって業務の多さが大きな課題であることが浮き彫りとなっています。
一方、当社保育士の残業時間は、行事の準備などがある場合でも、月当たり5.5時間程度(2016年度平均)と、低水準で推移していますが、これまで以上に保育業務に集中し、サービスの品質を高めることができる環境づくりに向け、本システムを全園で導入しました。

■本システムの概要と保護者のメリット
本システムでは、保護者がスマートフォンなどに専用アプリをダウンロードし、マイページを開設することで、以下の機能を利用できます。
●欠席・遅刻・延長の連絡
●日々の連絡帳代わりとなる、メッセージの送受信
●お知らせ、園だより、給食の献立など、連絡事項の閲覧
●園内で撮影された写真の購入と決済
●保護者のICカードをかざすことで、登・降園時間を自動で記録

■保育現場でのメリット

[画像: リンク ]

本システムの有効活用のため、当社はタブレット端末を合計で100台、写真撮影用の携帯情報端末を40台導入しました。
保育現場における最大のメリットとしては、保護者からの朝夕の連絡電話への対応時間が減らせることが挙げられます。本来の保育業務に集中できるようになれば、安全性確保の面でも有効であると考えています。
また、空き時間を使って連絡帳や保育日誌を閲覧したり記入したりできるようになるため、効率的に業務を進めることが可能となります。
さらに、▽連絡帳や園だよりといったお知らせ文書を、印刷・発送する手間がかからなくなる▽園内で撮影した写真を自動アップロードでき、写真販売の手間を省くことができる▽登・降園時間が自動管理され、延長保育料が自動集計される―など、事務的な作業の手間を大幅に減少させることにより、残業時間の削減効果もあるとみています。
そのほか、保育士のICカードを本システムにかざすことで、出・退社時間を自動で管理できるようになるため、適切な労務管理や、サービス残業防止などにも効果を期待できます。

■今後の展望
本システムの導入など保護者の皆様にとって使い勝手がよいサービスを提供することにより、第三者評価での保護者満足度(平均約90%超)の維持・向上を目指します。

■「ヒューマンスターチャイルド」とは
2004年に横浜市青葉区で認可保育所「スターチャイルド 江田ナーサリー」を開園したのを皮切りに、「スターチャイルド」のブランドで、保育所の需要が大きい横浜市、川崎市、さいたま市の各エリアで、認可保育所15園(2017年4月1日現在)を運営しています。デザイン性の高い施設や食材にこだわった給食など、安全で工夫を凝らした保育環境が特長です。また、グループ会社「ヒューマンアカデミー」のノウハウを結集した独自研修プログラムなど、保育士の研修や保育研究にも力を入れ、品質の高い保育サービスを目指しています。

※1 株式会社ウェルクス「保育のお仕事」のアンケート調査結果(2017年1月公表)より引用


ヒューマンスターチャイルド株式会社 会社概要 -----------------------------
●代表者 :代表取締役 川下 裕左
●所在地 :神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-29-1 第6安田ビル5階
●資本金 :9,000万円
●URL :リンク

ヒューマンアカデミー株式会社 会社概要 -----------------------------------
●代表者 :代表取締役 新井 孝高
●所在地 :東京都新宿区西新宿7-5-25西新宿木村屋ビル1階
●資本金 :1,000万円
●URL :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。