logo

グランデパール当日のデュッセルドルフ市のホテル空室が20%に トリバゴ調べ

City of Duesseldorf 2017年06月14日 17時02分
From 共同通信PRワイヤー

グランデパール当日のデュッセルドルフ市のホテル空室が20%に トリバゴ調べ

AsiaNet 68937 (0893)

【デュッセルドルフ(ドイツ)2017年6月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*グランデパール観戦は早めの計画を。ホテル予約が殺到

7月最初の週末に行われるツール・ド・フランスの出発を飾る自転車レースイベント、グランデパール・デュッセルドルフ2017には世界の至る所から見物客がノルトライン・ウェストファーレン州都デュッセルドルフを訪れる。見物客を待つのは世界的なスポーツ行事だけでなく、ルート沿いの地域一丸となった一大祭典、そしてライン沿岸のデュッセルドルフが観光客のために用意した数々の呼び物である。

デュッセルドルフも相当な人数になると予想される訪問客を楽しみにしていている。「ツール・ド・フランス」出発まで1カ月を切った今、デュッセルドルフに本拠を置くオンラインポータル「トリバゴ(trivago)」は7月1日からの2日までのデュッセルドルフのホテル空室はすでに2割に激減したと報告している。6月20日からの7月1日の空室はまだ29%である。

旅行にはいろいろな交通手段があり、それらを組み合わせる方法もある。以下は観光客に供するための重要情報である。

▽飛行機
飛行機の利用客はまず、デュッセルドルフ国際空港行きの便を利用する。州都デュッセルドルフは世界の200を越える都市と直行便でつながっており、便利である。ウェブサイト(リンク )空港には「グランデパール・デュッセルドルフ2017」観戦客のための受付デスクが用意されており、空港から目的地までの旅の情報を得ることができるようになっている。

▽鉄道
ドイツ国内からのビジターはドイツ鉄道(Deutsche Bahn)の長距離列車ならどこからどこまで一律99ユーロ(2等車)または159ユーロ(1等車)の魅力的な特別切符を利用できる。往路だけでなく復路についてもどのドイツ国内のドイツ鉄道の駅からでも同じ料金で利用できる。この特別切符は2017年6月27日から2017年7月4日までが有効期間になっている。切符はウェブサイト(リンク )で購入できる。

ノルトライン・ウェストファーレン州からの訪問客はローカル列車で「1日乗車券NRW(SchonerTagTicket NRW)」を使うのが一番お得になる。1人分30ユーロ、5人でも44ユーロ。この切符は地下鉄、市街電車、バスなどノルトライン・ウェストファーレン州の交通機関のすべておよびすべてのローカル列車の2等車で使える。切符はすでにデュッセルドルフ輸送会社「ラインバーン(Rheinbahn)」のアプリ(リンク )またはインターネット(リンク )で予約できるようになっている。ライン=ルール運輸連合(VRR)およびデュッセルドルフなどの指定地域からの訪問客もローカル列車、都市および地下鉄、バスを利用するのが便利である。ラインバーン社は「TagesTicket(1日乗車券)」の利用を勧めている。最高5人まで料金は最低がレベルAの6.80ユーロである。

▽バスと電車によるデュッセルドルフ観光
交通手段が飛行機、列車、バス、車のいずれであっても、ラインバーン社は空港都市鉄道駅または空港幹線駅、車駐車場、デュッセルドルフ主要駅(ここにはバス停車場もある)からデュッセルドルフまでおよび市内の観光の手段を提供している。

ラインバーンはデュッセルドルフ市内では、レベルAで6.80ユーロの「TagesTicket(1日乗車券)」を推奨している。これを利用すれば、個人または5人までのグループは優待料金で市内各所をいろいろと乗り回ることができる。切符はウェブサイト(リンク )または最も簡単な方法としてはラインバーン社アプリ経由でウェブサイト(リンク )から購入できる。

▽バス
デュッセルドルフ行きのバスに乗ってもツール・ド・フランスのグランデパールに行くことができる。バス旅行についての問い合わせおよびデュッセルドルフ主要駅に営業所を持つプロバイダーの「フリックスビュス(Flixbus)」のコンタクトはウェブサイト(リンク )を参照。

▽チャーターバス
Duesseldorf Tourismusはチャーターバスを企画する団体に対してバスの駐車スペースのためのオンラインの予約システムを提供している。これはすでにクリスマス時に有効性が実証されたシステムだ。詳しい情報はウェブサイト(hospitality@duesseldorf-tourismus.de )を参照。

▽自動車
スタート前日の金曜日にはすでに道路封鎖の準備が始まる。土曜日、7月1日午後7時のタイムトライアル終了および防柵などの撤去に必要な若干の時間が終わるまで市の一般交通は大幅に制限されることが予想される。カールシュタット、旧市街、オーバーカッセルから南ルエーガレー、「バイセ・ジードルンク」ゴルツハイム、シュトックマー・キルヒ通りの左右両側、およびベックブッシュ通りの北の住宅地区はこの間、一般交通が禁止される。

第2ステージでは特に市の中心部に車で乗り入れることは望ましくない。グランデパールの第2ステージは7月2日(日)午前10時にブルクからの宣伝キャラバンのスタートによって開始される。自転車レース選手たちのスタートは午前12時3分に予定されている。デュッセルドルフの一般交通のやむをえない制限期間は、朝早く午前5時から午後4時くらいまで連続して続く。道路封鎖は午前9時くらいから最後のツール選手の自転車が通り過ぎてから少なくとも1時間後まで維持される。同ステージの通過地域は旧市街、カールシュタット、港、ウンタービルク、市中央、ペンペルフォルト、デュッセルタール、グラーフェンベルク、ゲルレスハイム、ラート、メルセンブロイヒ、ダーエンドルフ、ニーダーカッセル、オーバーカッセル、レーリック、ヘーアトの順である。

どうしても車を利用したい訪問客は前もってオンラインで駐車スペースを確保することが必要だ。駐車スペースにはその先までのラインバーンの4人分の1日切符が含まれる。予約が確認されると、目的地近くの1キロ以内の方向図とGPSのデータが送られてくる。予約はウェブサイト(リンク )を参照。

車を利用する車いすの利用者向けにマキシミリアン・バイェ・アリーなどの駐車スペースが準備されており、オンラインで簡単に予約できる。予約はわずか5ユーロの費用でウェブサイト(リンク )で行われる。

▽キャンピングカー
デュッセルドルフ見本市(P1)のキャラバンセンターにモービルハウスのための約800の完全装備のオートキャンプ施設が準備されている。これらの施設はファーストステージのスタート/フィニッシュ地点の近くである。予約はウェブサイト(リンク )を参照。

▽自転車
デュッセルドルフのグランデパールにふさわしいスタイルの自転車で乗り付けたい場合は、州都までの最適ルートをツアープランナーのウェブサイト(リンク )で簡単に見つけることができる。ファーストステージの行われる日にツアーの舞台に自転車で乗り付けるための詳しい情報は自転車マップ用のウェブサイト(リンク )を参照。

グランデパールのファーストステージの近辺には、既存の自転車駐輪場に加え、デュッセルドルフ市がさらに追加の3万3000台分の駐車設備を提供する。自転車を鍵で固定するための駐輪施設が提供されることになっている。旧市街は7月1日土曜日でも自転車で来訪することも、乗り回ることも可能になる。南方面からのアクセスはアポロプラッツ/マネスマンウーファ経由で可能になる。しかしながら、ライン川岸を北から南まで走り続けることは可能ではない。オーバーカッセル橋と見本市の間で、ライン川に沿った路線は封鎖されることになっている。北方面からファーストステージのスタート/フィニッシュ地点へはローハウザー・ダイヒまたはベックブッシュストラッセ/アリーナストラッセ経由なら可能である。ライン川の左と右の両岸はテオドール・ホイス橋とラインクニー橋で接続されており、それぞれ自転車競技選手のダイバージョンリングの一部になっている。

自転車で来訪する人は既存の競技レーンを使い、いつでもルートを横切ってグランデパールのセコンドステージに容易に到達できが、宣伝キャラバン、同伴車、選手が通過中は例外である。市内を自転車でナビゲーションするためにはオンラインアプリ(リンク or the RADschlag )を参照することを推奨する。

▽タクシー
グランデパール・デュッセルドルフ2017の2日間に関しては車利用と同じ制限がタクシーにも課せられる。ステージのルート近くに臨時のタクシー乗り場が作られることになっている。来訪者は出発前にタクシーの運転手にその旨伝える必要がある。

編集用に以下のマテリアルをダウンロードすることが可能。

ファイル:リンク

イベントプラン、ステージ1、7月1日(土)、橋および防柵なしの横断ルート付き

ファイル:リンク

イベントプラン、ステージ2、7月2日(日)、自転車駐輪スペース付き

ファイル:リンク

サイクリングおよび駐車施設、ステージ1、7月1日(土)

ファイル:リンク

チームプレゼンテーション、6月29日(木)

オンライン・バージョン:リンク

ソース:City of Duesseldorf

▽問い合わせ先
Landeshauptstadt Duesseldorf
Amt fuer Kommunikation
Kerstin Jackel-Engstfeld
Telefon: +49211-8993131
E-Mail: presse@duesseldorf.de
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。