logo

アマゾン、日本の優れた地方特産品を紹介する「The Wonder 500 Store」をAmazon.co.jpにオープン

アマゾンジャパン合同会社 2017年06月14日 14時00分
From PR TIMES

海外のお客様向けプログラム「Amazon Global」をさらに強化

総合オンラインストアAmazon.co.jpは、本日6月14日(水)より、海外のお客様向けに日本の優れた地方特産品を紹介する「The Wonder 500 Store」(リンク)をオープンしました。



「The Wonder 500 Store」では、日本各地の伝統工芸や染色・陶芸といった独自の技術が活かされているキッチン雑貨や生活雑貨、インテリア、文具などの名産品を取り揃えています。このストアで取り扱う商品は、経済産業省が推進するクールジャパンによる地域活性化推進プロジェクト「The Wonder 500」を通じて、日本の優れた地方産品に認定されたアイテムならびにその関連商品です。
Amazon.co.jpでは、「The Wonder 500 Store」に加えて、日本の伝統的でユニークなオリジナル製品を海外のお客様にご紹介する「Japan Style Store」(リンク)も同時に開設しました。このストアでは、風呂敷・手ぬぐい、扇子・うちわ、風鈴、浴衣、ランドセルといった人気の商品を幅広くご用意しています。
「The Wonder 500 Store」および「Japan Style Store」のサイトは、英語・中国語(簡体字)に対応しているため、海外のお客様に親しみやすい環境でのショッピング体験をお楽しみいただけます。

「The Wonder 500 Store」および「Japan Style Store」のオープンにより、年々高まる日本製品に対する海外のお客様のニーズにお応えするとともに、もの作りに携わる地域の事業者にAmazon.co.jpを通じて海外のお客様に販売するビジネス機会を提供したいと考えております。

Amazon.co.jpでは、2016年3月に、海外のお客様により便利なお買い物体験を提供する「Amazon Global」というプログラムを開始しました。現在、Amazon Globalにより、世界67の国・地域のお客様に、書籍やヘルスケア用品、コスメティクス、ベビー用品、キッチン用品など、数百万点の商品を低コストでの配送で提供しています。また、2017年3月には、Amazon.co.jp でのUnionPay(銀聯)クレジットカードによるお支払いに対応するなど、海外のお客様のお買い物体験の充実を図っています。

アマゾンジャパン合同会社 バイスプレジデント 前田宏は次のように述べています。
「この度、『The Wonder 500 Store』ならびに『Japan Style Store』を通じて、海外のお客様に、日本文化、伝統工芸や独自技術により生み出されたユニークな商品をご紹介できることを、大変嬉しく思います。引き続き、世界のお客様のニーズにお応えし、より快適なショッピング体験を提供できるよう、品揃えや配送などの利便性の強化に努めてまいります。」

経済産業省大臣官房審議官(商務情報政策局担当)前田 泰宏氏は、次のように述べています。
「『The Wonder 500』は、"世界にまだ知られていない、日本が誇るべき優れた地方産品"を発掘・選定し、海外に伝えていくため、平成26年度補正経済産業省補助事業(ふるさと名物発掘・連携促進事業)として開始したプロジェクトです。補助事業終了後は、民間による自立的運営により事業を継続して展開しております。本プロジェクトがより多くの地方(中小)事業者の海外販路開拓につながることを期待しております。」


[画像1: リンク ]


「The Wonder 500 Store」(リンク)のトップページ


[画像2: リンク ]


「Japan Style Store」(リンク)のトップページ


<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事