logo

本のフリマアプリ「ブクマ!」ディスカヴァー・トゥエンティワンと連携、新刊本の販売を開始。フリマとECの融合の実現へ

6月12日のアップデートから、ディスカヴァー・トゥエンティワンの新刊本の購入が可能に。

本のフリマアプリ「ブクマ!」を運営する株式会社Labit(東京都渋谷区,代表取締役 鶴田浩之)は、フリマアプリ内での新刊販売について、ディスカヴァー・トゥエンティワンと連携し、6月12日より新刊本の販売をスタートします。



[画像: リンク ]


「ブクマ!」は、データベースを持つ特化型フリマアプリとして幅広いスマートフォンユーザーに利用いただいており、今後は版元・取次業者と連携した「新刊本」最大約80万タイトルの取り扱いを予定しております。ブクマ!では、リリースより10ヶ月間の間に取引されたデータの分析結果により、中古本を数冊販売した「売上金」の残高を用いて、新品の本を買う消費体験を行っていることが分かり、新刊販売に向けての準備を進めておりました。

2017年3月は新刊販売の実証実験の第一弾として、当社がプロデュースを手がける渋谷・道玄坂の書店「BOOK LAB TOKYO」の店頭在庫、約5,000冊を購入できる試みを行っており、2017年5月15日からは、堀江貴文氏がMCを務めるYoutube・ニコニコ生放送の番組「ホリエモンチャンネル」とコラボし、堀江貴文氏の直筆サイン本を取り扱い、すべて完売するなど、古書の二次流通にとどまらず、新品を含むECとしてのフリマアプリの可能性を提案してまいりました。

今回のディスカヴァー・トゥエンティワンとの連携により、CtoCフリマアプリ内におけるEC化の実証実験の第三弾と位置づけ、EC市場とリユース文化の拡大により消費体験が多様になっているスマートフォンユーザーのニーズに応えてまいります。

─────

▼「ブクマ!」について http://ブクマ.com/

書籍の裏表紙に印字されているISBNバーコード(国際標準規格)を、スマートフォンのカメラでかざすことで、100万冊以上のデータベースから照合し、好きな価格を設定し、最短10秒での出品が完了します。大多数の取引で、封筒を用いたポスト投函でやり取りがされており、手軽な発送作業・受取方法が好評です。漫画本の全巻セット、文芸書の上・下巻セット、資格本などの実用書などで複数冊の「まとめ売り」機能をサポートしており、自由に売り買いできるフリマアプリの楽しみ方を充実させています。「ブクマ!」では、電子書籍や月額制の読み放題サービスなど、読書体験が多様化し始めている現代において、「たくさんの人の、生涯で読む本を増やす」というミッションを掲げ、今後さまざまなアプローチから読書体験の価値提案を行ってまいります。

■ 株式会社Labitについて リンク

Labit(ラビット)は 2011年4月に創業、研究開発を通して新たな「世界観を提案する」ことを企業理念としたアプリ開発を主軸事業とするスタートアップ企業です。2014年、大学生向けのスケジュール管理アプリ「すごい時間割」をリクルートグループに事業譲渡。2015年、子会社「株式会社ゲームエイト」の保有株式を (株) Gunosy に譲渡。2016年6月、渋谷・道玄坂に蔵書1万冊, 42席のコーヒースタンド併設の複合型書店「BOOK LAB TOKYO」をオープン。2016年8月に、バーコードから10秒で出品できる本のフリマアプリ「ブクマ!」(iOS版/Android版)を提供しています。

【本プレスリリース内容に関するお問い合わせ】
株式会社Labit 広報部
E-MAIL:pr@labit.com
※ メディア関係者向け追加情報欄に別途、担当者の直通番号を記載しております。

【出版社・業界関係者からのお問い合わせ】
株式会社Labit ブクマ事業部 事業開発チーム
E-MAIL:bukuma@labit.com
※ 営業に関するご案内には返信、お電話の応対を行っておりません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事