logo

ゴルフネットワークは全米オープンゴルフ選手権を開局以来最大規模の42.5 時間完全生中継! 初日は6/15(木)午後9時30分から「ゴルフネットワークプラス」で LIVE 配信!

ゴルフネットワーク 国内唯一のCSゴルフ専門チャンネル 2017年06月12日 15時34分
From PR TIMES

最新 IP 通信中継システムを活用し、松山英樹のプレーをスタートからフルカバー

ジュピターゴルフネットワーク株式会社(本社:東京都江東区、社長:木下伸)は、2017年6月15日(木)に開幕する海外男子メジャー「全米オープンゴルフ選手権」を40時間以上にわたって全ラウンド生中継します。世界ランキング4位(6/12現在)の松山英樹へメジャー初制覇の期待が高まる中、今年は開局以来最大規模で「全米オープンゴルフ選手権」を余すことなく全国のゴルフファンへお届けします。



[画像1: リンク ]

松山英樹に加えて、日本からは谷原秀人、池田勇太、小平智、宮里優作、今平周吾ら総勢6名が参戦。ゴルフネットワークでは現地国際映像に加えて、昨年のゴルフ W 杯より導入している最新IP通信方式中継システム(※)を使用して、松山英樹ら日本人選手の映像を LIVE でお届けします。放送に加えて動画配信サービス「ゴルフネットワークプラス」(※)でも全ラウンド LIVE 配信。さらに、最新IP通信方式中継システムの独自映像を活用して、大会初日は日本時間 6/15(木)午後9時51分にスタートする松山英樹に合わせて午後9時30分より「ゴルフネットワークプラス」でLIVE配信を行います。40時間以上に及ぶ中継の解説はプロゴルファーの佐藤信人、ツアープロコーチの内藤雄士、現地ラウンド解説のプロキャディ杉澤伸章の3人に加えて、ゲスト解説として現役プロゴルファーを起用。大会2日目には2011年大会出場の久保谷健一プロ、大会3日目には過去、全米オープンゴルフ選手権に5度出場経験のある藤田寛之プロが登場。2年連続でゴルフネットワークのゲスト解説を務める藤田プロは「全米オープンに出場した選手だからこそわかるプレーヤー目線のリアルな声を届けたい。TVでは伝わりづらい選手の本音やセッティングの難しさを解説したい」と最難関メジャーの全米オープンで嘘のないリアル解説に挑戦。

藤田寛之がゴルフ専門チャンネルでプレーヤーの本音をリアル解説!

[画像2: リンク ]

「自分にとっては全米オープンが世界No.1の大会です。誰でも予選から勝ち上がって、世界の頂上に挑戦することができる。他のメジャーと比べても全米オープンのセッティングは難易度が高い。日本では想像しないようなシチュエーションが多々あるし、『生まれて初めてこんな状況から打つ』ということも。毎年開催コースが変わるのでマスターズ以上に幅広い技術が要求されます。TVだと簡単に見えるかもしれないけど、めちゃくちゃ難しいんです。全米オープンの出場経験を活かして選手心理やセッティングの難しさをプレーヤー目線で伝えていきたいです」

全米オープンゴルフ選手権40時間を超える完全生中継!
【解説】佐藤信人プロ、ツアープロコーチ内藤雄士
【現地ラウンド解説】プロキャディ杉澤伸章
【ゲスト解説】藤田寛之プロ(3日目)、久保谷健一プロ(2日目)

<ゴルフネットワーク 放送スケジュール>
1日目 6/15(木) 午後11:00~翌午前10:00(※最大延長午前11:00まで)
2日目 6/16(金) 午後11:00~翌午前10:00(※最大延長午前11:00まで)
3日目 6/17(土) 午後11:00~翌午前09:00(※最大延長午前11:00まで)
最終日 6/18(日) 午後11:00~翌午前09:30(※最大延長午前11:30まで)

<ゴルフネットワークプラス 配信スケジュール>
1日目 6/15(木) 午後09:30~翌午前10:00(※最大延長午前11:00 まで)
2日目 6/16(金) 午後11:00~翌午前10:00(※最大延長午前11:00 まで)
3日目 6/17(土) 午後11:00~翌午前09:00(※最大延長午前11:00 まで)
最終日 6/18(日) 午後11:00~翌午前09:30(※最大延長午前11:30 まで)
※ゴルフネットワークプラス:ゴルフネットワークプラス株式会社が提供するゴルフスコア管理・動画配信アプリ

■ゴルフネットワーク 全米オープン特設サイト
URL : リンク
<コンテンツ>
・大会概要
・放送スケジュール
・ハイライト動画
・ニュース/コラム
・速報リーダーボード
・フォトギャラリー

■最新 IP 通信方式中継システムを活用した生中継
「ザ・プレーヤーズ選手権練習ラウンド生中継や宮里藍プロ引退記者会見生中継でも採用」

[画像3: リンク ]

ゴルフネットワークでは国際映像と独自カメラで撮影した日本人選手の映像を組み合わせて中継しています。従来の中継方式では独自カメラの映像は数ホール毎に分けて日本へ伝送するためLIVE映像として放送に乗せることは出来ませんでした。リアルタイムで放送するには大掛かりな中継設備が必要でしたが、最新のIP通信方式中継システムでは専用の映像配信装置をカメラと接続し、3G や LTE などモバイル回線を使用して映像をリアルタイムで日本へ送り、生中継で使用することができます。

[画像4: リンク ]

従来は光回線や衛星回線を使用していましたが、モバイル回線でもデータの圧縮技術により放送レベルの高品質な映像・音声伝送が可能になりました。映像配信装置はコンパクトで使いやすく、カメラマンがリュックサックに機材やwifi機器を入れて担いで撮影します。また、低消費電力のため長時間のゴルフ中継にも適しています。松山英樹選手と石川遼選手がタッグを組んだ昨年 11 月のゴルフ W 杯では初めて同システムを採用。日本チームの映像を全ホール LIVE で放送しました。視聴者からの反響も大きく、2017 年 1 月より PGA ツアー決勝ラウンドの生中継がはじまり、松山選手が出場する注目大会では杉澤伸章さんの現地レポートと共に IP 通信方式中継システムを本格導入しています。5月の「ザ・プレーヤーズチャンピオンシップ」では開局初となる練習ラウンド生中継を実施。カメラ 4 台とモバイル回線だけで生中継する新たな取り組みにチャレンジしました。

[画像5: リンク ]

■「GOLF NETWORK PLUS」アプリで全米オープンゴルフ選手権をLIVE配信!
動画配信サービス「ゴルフネットワークプラス」では全ウンド LIVE 配信のほか、各日配信終了後から 1 週間の期間限定で見逃し配信も行います。いつでもどこでも好きな時に好きな場所で思う存分、「全米オープン」をお楽しみ頂けます! ※見逃し配信は 2017 年 12 月 31 日まで可能です。

【LIVE 配信の視聴方法】
[画像6: リンク ]

【見逃し配信の視聴方法】

[画像7: リンク ]

今がチャンス!ゴルフネットワークプラスにて「見放題プラン」ご加入で、全米オープン公式グッズプレゼント!

[画像8: リンク ]

<賞品>全米オープンオフィシャルグッズ(3名さま)
・キャップ(1名さま)
・タオル(1名さま)
・コースター(1名さま)

<応募受付期間>2017年6月5日(月)~6月20日(火)

<応募方法>ゴルフネットワークプラスキャンペーンサイト(リンク)にてご確認ください。

↓↓↓アプリのダウンロードはこちらから↓↓↓
◇iOS 版
リンク
◇Android 版
リンク

PC からも視聴頂けます
ゴルフネットワークプラス TV URL : リンク

ゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」

[画像9: リンク ]

ゴルフネットワークは24時間365日、ゴルフコンテンツだけを放送しているゴルフ専門チャンネル。松山英樹・石川遼らが参戦する世界最高峰の米 PGA ツアーを全試合放送!予選ラウンド生中継に加え、2017年1月より決勝ラウンド前半ホールを生中継するなど PGA ツアーの放送枠を大幅に拡大。国内ツアーはとことん1番ホール生中継を20試合以上放送!さらに、レッスン番組やプロ同士がマッチプレーで対戦する「ゴルフ真剣勝負 the MATCH」など、専門チャンネルならではの番組がズラリ。J:COM など全国のケーブルテレビや、スカパー!、au ひかりを通じ、約670万世帯のお客様にご覧いただいています。

ゴルフネットワーク公式サイト:リンク

ゴルフスコア管理・動画配信アプリ「ゴルフネットワークプラス」
おかげさまで、会員数 98 万人を突破!

[画像10: リンク ]

ゴルフネットワークプラス株式会社が提供するスマホ・タブレット・パソコンでゴルフのスコア記録・管理・分析ができる、ダウンロード数国内No.1のゴルファー定番無料アプリです。ゴルフネットワークで放送している有名プロ・コーチによるレッスン動画や、松山英樹・石川遼らが参戦する PGA ツアー全試合のライブ&オンデマンド配信など、⾒たい時にいつでもどこでもゴルフが楽しめる動画配信機能も搭載。(動画のご視聴は⼀部有料)

[動画: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。