logo

ヤンマーの新企業CM「Who is YANMAR フィールドロボティクス篇」を放映開始

ヤンマー株式会社 2017年06月12日 10時47分
From 共同通信PRワイヤー

2017年6月12日

ヤンマー株式会社

ヤンマーの新企業CM「Who is YANMAR フィールドロボティクス篇」を放映開始

 ヤンマー株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)は、地球上のあらゆる場所におけるフィールドロボティクスの研究開発を訴求する新しい企業CM「Who is YANMAR フィールドロボティクス篇」の放映を6月12日(月)より開始しました。

 自動車や農業・産業機械分野においては、自動運転などのITを駆使したロボット技術が日々進歩しています。ヤンマーでも、農業を効率化する無人トラクター技術やドローンを用いたリモートセンシング技術の開発をはじめ、様々な技術開発や研究を進めています。

 本CMは「大地」「海」「都市」という当社が事業展開するフィールドにおいて、ヤンマーが進めるロボティクスの研究開発をテーマにしています。「Who is YANMAR フィールドロボティクス篇」と題して、無人ロボット船(海)と無人小型バックホー(都市)が、人の立ち入りが困難な環境の中で作業を進める様子をCGで表現しました。ヤンマーのテクノロジーコンセプト「最大の豊かさを、最少の資源で実現する。」を表す将来像として、これまで人が行っていた作業の効率化や、危険な環境での作業軽減など、より安全・快適に働くことができる社会の可能性をこのCMは表現しています。

 なお、本CMは“技術”を企業価値の中心に据えるヤンマーが、社会で果たすべき役割や当社が目指す未来である「A SUSTAINABLE FUTURE - テクノロジーで、新しい豊かさへ。 -」の姿を広く伝える 「Who is YANMAR」シリーズの第3弾です。2012年の 「プレミアムブランドプロジェクト」から継続してクリエイティブディレクターを務める佐藤可士和氏の監修により制作されました。

[佐藤可士和氏のコメント]
ヤンマーの最先端のテクノロジーであるフィールドロボティクスの活動を、30秒の短いストーリーに集約するのに工夫を凝らしました。また撮影を行うことが現実的に難しいフィールドも多く、いかに正確なイメージを伝えるかをヤンマーの研究者や開発者と連携しながら膨大なスタディを経て、CGを作り上げていきました。結果として、実際には一般の方々がなかなか見ることのできないヤンマーのフィールドロボティクスの将来像が、リアリティをもって表現出来たと思います。

[スタッフリスト]
広告会社             株式会社 サムライ
                 ホンシツ 株式会社
                 株式会社 博報堂
制作会社               株式会社 東北新社
クリエイティブディレクター     佐藤 可士和
プランナー                     鈴木 哲彦 / 大石 将平
プロデューサー                 井澤 成彦 / 仲森 由佳
プロジェクトマネーシャー      富塚 新之助
ディレクター           長添 正嗣
アートディレクター         佐藤 可士和
コピーライター          斉藤 賢司
CG                谷内 正樹 (ROBOT COMMUNICATIONS INC)
                 城戸 久倫 (オムニバスジャパン)
オフライン            塩山 俊圭 (オムニバスジャパン)
オンライン            遠藤 俊介
ナレーター            加瀬 康之
音楽                 福島節 (ONGAKUSHITSU INC)

[放映日・エリア]
2017年6月12日(月)から、全国にてO,A
※一部、放送されないエリアがあります。


■ヤンマーのTVCMについて
第1弾: ヤンマー企業CM「Who is YANMAR」編(放送終了)
第2弾: ヤンマー企業CM「Who is YANMAR エネルギー篇」(放送終了)
第3弾: ヤンマー企業CM「Who is YANMAR フィールドロボティクス篇」(2017年6月12日~放送)
       ・動画リンク リンク

TVCM一覧
リンク


<ヤンマーについて>
1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「自然と共生し、食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決するとともに、未来へつながる社会とより豊かな暮らしへの貢献」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会“A SUSTAINABLE FUTURE”実現への貢献を目指しています。 詳しくは、ヤンマーについて をご覧下さい。
<ヤンマーについて>リンク
<ヤンマーFacebook>リンク


<注記>
ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。