logo

China Huayang GroupがSkyPowerと世界中の太陽光エネルギー開発で提携

SkyPower 2017年06月08日 17時55分
From 共同通信PRワイヤー

China Huayang GroupがSkyPowerと世界中の太陽光エネルギー開発で提携

AsiaNet 68850 (0849)

【トロント2017年6月8日PR Newswire=共同通信JBN】実用規模の太陽エネルギー・プロジェクトの世界最大のグローバル・デベロッパーであるSkyPowerと中国国際貿易促進委員会(China Council for the Promotion of International Trade)傘下の中国国営企業、China Huayang Economic and Trade Group Co.は8日、世界クラスのパートナーシップ契約をこのほど締結したと発表した。

HuayangはSkyPowerを主要な戦略的市場で大規模な実用規模太陽光発電プロジェクトを開発、建設、運営するグローバルパートナーとして選定した。パートナーシップは、Huayangの幅広い財務能力とSkyPowerの実績ある太陽光技術を組み合わせて、世界の数十カ国に新しいクリーンエネルギーと数十万人分の雇用をもたらす。この提携の任務と目的は、「一帯一路」構想の参加各国間の障壁を撤廃するという習近平中国国家主席のビジョンを推進することである。

SkyPowerのケリー・アドラー社長兼最高経営責任者(CEO)は、HuayangがSkyPowerを選んだことと、トロントでのこの記念碑的な合意の調印について、「SkyPowerは『一帯一路』地域全域の経済・貿易ルートを開放し、相当な雇用を刺激し、『一路』に沿って経済成長と安全保障を確保するという習主席の先見的な政策の一部であることを非常に誇りに思う。このパートナーシップは、カナダと中国の企業がどのように協力し合い、とくに、各国の技術と能力を活用して人類と未来の世代にとり極めて重要な気候変動や他の16の国連(UN)持続可能な発展目標(SGD)に取り組むのを助けることができるのかを明確に示している」と述べた。

China Huayang Groupの国際金融部門であるHuayang International Capital Holdingsのウェイウェン・チャンCEOは以下の通りコメントした。「2017年5月に北京で29の国家元首、政府代表、世界各国のグローバル企業が参加する中で紹介された一帯一路構想の主要目的の1つは、中国企業が世界をリードする組織を探し求めてグローバルなパートナーシップとプラットフォームを構築し、気候変動などの重要なイニシアチブを推進することだった。Huayangは、過去6カ月にわたり世界中の太陽光デベロッパーを研究した末、世界的規模の実用規模の太陽エネルギー・プロジェクトのデベロッパーであるSkyPowerを、一帯一路諸国および他の厳選された諸国で再生可能エネルギー・プロジェクトを共同で開発・建設するためのグローバルパートナーとして選んだ。私は、Huayangとの協力でSkyPowerのような最高の誠実さと力量および専門的技術を持つ企業とのユニークなパートナーシップは、一帯一路構想の下で数多くの成功した再生可能エネルギー・プロジェクトを代表し、結果を出すと思っている。Huayangはこのパートナーシップを利用して貿易促進や資金調達を支援し、これら諸国の人々や地域社会に間違いなく大きな利益をもたらす方針だ。HuayangはSkyPowerとのこのパートナーシップの数々のプロジェクトのための重要な戦略的イニシアチブを達成するために、数十億米ドルの特別目的基金を設立するつもりである。」

SkyPowerのケリー・イン副社長(アジア戦略担当)は「Huayangは、特に一帯一路構想の下で、このパートナーシップに非常に強力な財務能力と明確な焦点、ビジョン、戦略をもたらす。これは、SkyPowerの実績と実用規模太陽エネルギー産業における開発ノウハウと相まって、世界中の何千万もの人々に低コスト電力を供給することを支援するユニークな機会を創出する」と語った。

パートナーシップ契約は2017年6月7日、カナダ・トロントにあるSkyPowerのグローバル本社で調印された。このような種類のパートナーシップはこれが初めてである。

▽SkyPowerについて
www.skypower.com

SkyPowerは実用規模の太陽エネルギー・プロジェクトにおいて、世界で最も成功したデベロッパーかつオーナーの1つである。SkyPowerの発足は14年以上前で、同社のグローバルチームは電力と巨大インフラ・プロジェクトの経験で、のべ975年超の膨大な実績を持つ。

経験を持ち、熟練したSkyPowerチームは全世界で25 GW以上の巨大なパイプラインを建築し、組み立て、獲得してきた。そのうちの一部は今後5年間で中東、アフリカ、南アジアにおいて建設予定であることが最近発表された。

SkyPowerが持つ30以上の太陽電力購入協定(Power Purchase Agreements、PPA)と契約(Contracts)は世界中の主要事業者と政府への長期的な再生可能エネルギーの販売額全体で何十億ドルもの価値に相当する。

SkyPowerの大口所有者はCIM Groupである。同Groupは米国に本拠を置く都市不動産とインフラの大手総合ファンドマネージャーで1994年の創立。北米の活気があって人口が密集した地域で体系的な投資を行い成功している。

▽China Huayang Economic and Trade Group Co., Ltdについて
China Huayang Economic and Trade Group Co., Ltdは中国国際貿易促進委員会(China Council for the Promotion of International Trade、CCPIT)傘下の中国国営企業である。中国政府の貿易組織であるCCPITは1952年の創立で、中国国務院に直属している。

Huayangは産業コングロマリットであり、インフラ建設、商業不動産、石油化学製品、車両部品、国際貿易、テクノロジー製品、展示会、金融サービス産業を展開している。同グループは、Xiamen International Bank(アモイ国際銀行)、Bank of Anshan、Bank of Rizhaoの過半数の株を保有している。

▽問い合わせ先
Maria Vorobieva
Senior Director, International Public Affairs
mariav@skypower.com
+1 416 979 4625

Kelly Yin
Vice President, Asia Strategy,
kellyy@skypower.com
+1 416 979 4625

Shamini Selvaratnam
Director, International and Institutional Relations
shaminis@skypower.com
+1 202 660 8499;

China Huayang Groupについてより詳しくは下記に連絡を
Roger Zhu,
Managing Director
zhuym_chygroup@126.com
+1 647 960 4588

Photo - リンク

ソース:  SkyPower


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。