logo

「国際モダンホスピタルショウ2017」7月12日~14日 東京ビッグサイトで開催

一般社団法人日本経営協会 2017年06月08日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

来場者8万人を超える 医療分野 国内最大の展示会
国際モダンホスピタルショウ2017

一般社団法人 日本病院会/一般社団法人 日本経営協会は「国際モダンホスピタルショウ2017」(WEBサイト:リンク)を7月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催します。300を超える企業、団体が、保健・医療・福祉分野における質の向上、充実に役立つ機器、製品、システム、サービスなどを出展し、医療従事者を中心に8万人を超える来場者を見込んでいます。

■医療分野における国内最大規模の展示会
今年は「健康・医療・福祉の未来をひらく ~連携と地域包括ケアの充実を目指して~」をテーマとし、医療連携を支援するクラウド型システムや医用画像・映像ソリューション、在宅医療、介護、福祉のロボットなどの最先端の技術、機器を展示します。

■主催者企画は「VR」と「ウエアラブル」
会場内では2つの主催者企画を展開します。1つ目は「VR(Virtual Reality)で広がる医療の未来」。国際医療福祉大学大学院 杉本真樹准教授のコーディネートにより、VRを活用した医療現場で活用されているコンテンツを中心にご紹介します。
もうひとつは「ヘルスケアから最先端の健康医療立国へ!-ウエアラブルがつなぐスポーツ×IT×医療の新たな関係-」と題して、最先端ウエアラブル機器のトレンドを、実物の展示によりご紹介いたします。(協力:東レ株式会社、株式会社ジンズ、株式会社メルティンMMI、在日スイス大使館/Cybathlon/ETH Zurichほか)

■連日カンファレンス、セミナーを開催し、最新トピックスを提供
会期中は事前登録制のホスピタルショウカンファレンスを連日開催します。学識経験者や専門家による、改正個人情報保護法の医療・医学への影響や人工知能の最新研究と医療への応用、IoTを活用した医療・病院活用事例等についての講演やセッションを予定しています。今年は聴講無料のカンファレンスを大幅に増やし、より充実したラインナップで来場者のみなさまをお迎えします。
ほかにも出展者セミナーをホール内2カ所と会議棟、東3ホール主催者事務室で連日開催し、出展者による最新情報や事例の紹介が行われます。

■毎年恒例 「第10回看護のアイデアde賞」表彰式を開催
特別企画として「第10回こんなものを作ってみました! 看護のアイデアde賞」を実施し、実際の現場で患者さんのケアや医療施設に携わる方たちによって生み出された様々な改善工夫・アイデアを実現した作品を募集しました。62点の応募の中からグランプリ等6点と2団体を選出いたしました。会期中は入選作品を展示し、7月14日に展示会場内で表彰式と授賞者による作品紹介を行います。

【 国際モダンホスピタルショウ2017 開催概要 】
テーマ: 健康・医療・福祉の未来をひらく
  ~連携と地域包括ケアの充実を目指して~
会期: 2017年7月12日(水)~14日(金)
開催時間: 10:00~17:00
会場: 東京ビッグサイト 東展示棟1・2・3ホール/会議棟
主催: 一般社団法人 日本病院会 / 一般社団法人 日本経営協会
展示会入場料: 原則として、招待券持参者と事前登録者
※招待券、事前登録のない方は、入場料3,000円(税込)
出展予定者数: 350社(2016年実績336社)
来場予定者数: 80,000人(2016年実績80,942人)
出展及び来場に関する
お問い合わせ先: 日本経営協会 ホスピタルショウ事務局
        TEL:03-3403-8615 FAX:03-5413-4327
        E-mail:hsg@noma.or.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事