logo

インフルエンサー動画のピクフィー社、国内初となるInstagram内のストーリー動画配信支援サービスを開始。

タグピク株式会社 2017年06月07日 16時10分
From PR TIMES

~約3,000名の動画インフルエンサーを活用し、Instagramストーリー動画の撮影、配信、二次利用までを一括提供することが可能に~

ピクフィー株式会社(以下、「ピクフィー社」という。代表取締役社長:泉 健太)は、6月7日、国内初(*1)となるInstagram内のストーリー動画配信支援サービスを開始致しました。



[画像1: リンク ]


<1.サービス提供の背景>
 日本国内においては、一部のユーザーに限り6月6日頃より、Instagramストーリー内のURL付与機能の実装が確認(*1)されております。この機能追加により、プロモーションを行う企業は、保有する自社のアカウントやアンバサダーとなるインフルエンサーのストーリー投稿を活用し、EC購入や来店予約などに誘導することが可能となります。
[画像2: リンク ]



ストーリー内にて、上部にスワイプすることで、指定頂いたURLへ遷移させることができます。

 そのような中、企業がストーリー動画をPRに活かすためには、被写体となるモデルの確保や、動画コンテンツの内部に表記すべき広告である旨のPR表記など、広告フォーマット自体を整える必要があります。ピクフィー社では、モデル、撮影スタジオ、スタイリストの確保から、動画フォーマットの作成、広告配信までを一気通貫で行うソリューションサービスを新たに提供します。

<2.提供サービス及び価格>
(1)ストーリー動画のPR拡散サービス
ピクフィー社がネットワークする3,000名の動画インフルエンサーから、クライアントがプロモーションを行いたい商品・サービスに適したインフルエンサーを選定。選定された数名のインフルエンサーが動画を撮影し、数万~数百万のフォロワー数を抱える自身のアカウントにてストーリー投稿を行います。ストーリー内でURL付与が可能となったことにより、指定された外部サイトへの遷移も可能となります。

提供価格:50~800万円(1回あたり)
(最低発注額は50万円~となります。タイムラインへの投稿の有無、リーチしたい総フォロワー数、2次利用の範囲・期間、動画の秒数、フォーマットに応じ、料金体系は異なります。)

(2)アカウント運用コンサルティング(月額)
 親会社であるタグピク社にて培った、企業向けインスタグラムアカウント運用のノウハウに加え、ストーリー投稿などの動画配信を加えたアカウント運用を行います。投稿内容等でPDCAを回しながら、効果的な運用方法を模索します。

提供価格:月額50~300万円
(最低契約期間は、6ヶ月となります。(1)の変動要素に加え、同様に投稿する動画の量とクオリティバランスやコンサルティングの範囲に応じて、料金体系は異なります。)

<3.撮影された動画の二次利用権の販売>
 なお、上記に加え、ストーリー動画の撮影で制作したインフルエンサーの動画素材の二次利用も販売可能(※オプション)なことから、本体サイト、LPサイト、さらには外部メディアへの素材提供も可能です。

 本サービスの提供に限らず、今後もピクフィー社では、約3,000名の動画インフルエンサーを活用し、タイムラインにおけるポスト拡散だけではない、ストーリー動画、ライブ動画配信などの新たなPR拡散の手法を開発・提供していきます。


※当社調べ(2017年6月6日時点における対外リリース、HP等)
※写真画像での投稿、拡散にも対応
※Instagramは米国およびその他の国におけるInstagram,LLCの商標です※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です

【ピクフィー株式会社 会社概要】
会社名 :ピクフィー株式会社(PICFEE Inc.)
所在地 :東京都渋谷区恵比寿西1-30-10 代官山イルテンポ
設立日 :2017 年5月1日
代表者 :代表取締役 泉 健太
経営陣 :泉 健太、清水 優太、安岡 あゆみ、小川 博之、今村 玄紀、廣野 清志
株主 :タグピク株式会社(100%)
業務内容 :(1)スマートフォン動画制作事業、(2)動画メディア・動画EC事業、(3)日本及びアジアでの動画ソーシャルコマース事業、(4)カジュアル動画の配信ネットワーク事業、(5)動画コンテンツ・インフルエンサーのキャスティング・マネジメント事業 他
URL :リンク

《お問い合わせ》  instapr@picfee.jp (窓口担当:清水)
以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。