logo

ワークス、2017年度サマーインターンシップ募集開始シリコンバレーで世界のトップリーダーから直接指導グローバルキャリアプログラム「GATE To Disruptor」へ挑戦



日本大手ソフトウェアメーカーで海外へ事業を展開する株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は、大学生・院生を対象にした約1ヶ月のサマーインターンシップの募集を開始いたしましたので、お知らせいたします。本サマーインターンシップで高い成績を修めた参加者は、入社時期を自分で決められる「入社パス」を獲得することができます。また、その中でも特に高い成果を修め「優秀賞」を獲得した参加者は、ワークスが海外で実施するキャリアプログラム「GATE To Disruptor」への挑戦権を手にすることができます。

●世界トップリーダーが直接指導を行うグローバルキャリアプログラム「GATE To Disruptor」
ワークスは、インターンシップの次なる能力開発の機会として、海外で行うキャリアプログラム「GATE To Disruptor」を行っています。経済のボーダレス化の進行やAI(人工知能)の発達により、産業構造や働く環境が大きく変化する中、新たな価値を生み出すためには世界を視野にビジネスを切り拓くことができるイノベーター人材(Disruptor/創造的破壊者)の育成が不可欠です。「GATE To Disruptor」では、世界を代表するビジネスリーダーとのプライベートセッション等を通じて、グローバルビジネスの動向やトップリーダーの思考を学び、考える機会を提供することで、世界に通じるビジネスリーダーへのキャリア形成を支援します。
2016年夏には、日本国内で実施したインターンシップの参加者641名のうち、優秀賞を獲得した28名の現役学生を、IT分野において最先端の地シリコンバレーへ招待。GoogleX創設者のセバスチャン・スラン氏とのプライベートセッションや、現地の起業家・ベンチャーキャピタリスト・スタンフォード大生とのキャリアセッション等を行いました。

▶GoogleX 創設者のセバスチャン・スラン氏からのフィードバック
“Welcome to a Silicon Valely!”
[画像: リンク ]


私は、20代は最高のときだと思う。なぜなら、今の君たちは、世の中が変わっていくことを実感できるから。今の世の中の面白いところは、君たちが当たり前に使っているものが、実は150年前に開発されたものだったりすること。たとえば、飛行機や携帯電話、今着ている服の製造方法とかも。ただ、振り返ってみれば人類は20万年も生きている。そう、ここから先の50年は、過去20万年分のイノベーションが指数関数的に起きて、50年後の当たり前の99%はこれから開発されるものになるということ。
すべては、ここから変わる。と同時に、今の時代の難しさは「変化」に対する恐れがあること。ただ、間違えないで。変化は“常態”であるということを。変化を妨げる前例は過去の投影でしかなくて、未来に向かう変化にはまったく必要ないこと。
たとえば、2017年はAI元年とも言われていて、ここ2、3年でAIは信じられないくらい進歩したよね。AIで皮膚ガンを見つけられたり。これは古く昔、農業革命や産業革命で起こったことと同じなんだ。今、ビジネスマンの75%はオフィスで働いていると聞いているけど、その多くは毎日同じ仕事を繰り返ししているだけなんじゃないかな。AIはそれを100倍も効率化できる。間違ってはいけないのは、人を代替するのではなく、歴史をみてもテクノロジは人を強くしてくれているもの。つまり、働き方がまったく変わるすごく重要な時代だと思うんだ。これらルーティンワークが5%まで減ったら、ビジネスマンの70%を意味のない作業から救ったということになるでしょ。

Everybody can change the world!

 私だって、今までの私の決断がすべて正しかったなんて思っていない。だって、今のUdacityを創業するのに5年を費やしたけど、今の自分なら1年足らずでできる。つまり、うち4年間は間違った決断をしていたということ。私が言いたいのは、不正解率80%をたたき出しても、まだ世界は変えられるってことなんだよ。
 私は、自分の想像を超えることは何かな?ってよく考えるんだ。だって、みんなが “無理!”と思うことができたら、面白くない?シリコンバレーでは、「どんなことにも疑問を持つ」「変化を楽しむ」「たくさん問いを投げかける」という、君たちの好奇心が何よりも大切なんだ。だから、10年後ではなく50年後に何が起こるか、を考えてみて。たぶん私は「あなたは50年後にどうなっていると思う?」と聞かれたら、「車は空を飛んでいる」って答えると思う。だって、地上より空の方が広いでしょ?

▶「GATE To Disruptor in Silicon Valley」の様子や参加者の声はこちらから
[動画: リンク ]


●ビジネスパーソンとしての能力開発を行う実践型インターンシップ
昨今では、学生が学業に専念することを目的に、就職活動に規制が設けられる一方で、企業は採用手法の一つとして1日完結型等の多種多様なインターンシップの導入を加速する等、インターンシップの実施目的やあり方が問われています。
ワークスは、未来の社会発展ためには、社会に出る前の高等教育機関でこそ、ビジネスにおける自身の特性や強みを理解した上で将来の目標に向けた能力開発を図りながら、キャリア形成を考える機会の提供が欠かせないと考えています。
そのため、2002年からビジネスパーソンとしての能力開発を行う実践型のキャリア教育プログラムとして、約1ヶ月のインターンシップを実施してきました。
本インターンシップでは、ワークスが世界52か国で展開する世界初の人工知能型ビジネスアプリケーション「HUE」の企画・開発・マーケティングにおけるフレームワークを盛り込んだ実務実践型プログラムをもとに、トップエンジニアやトップセールスからのレビューを通じて、製品企画・開発・マーケティングの一連の流れを実践していただきます。

成績優秀者には、キャリア選択の自由を提供するため、2002年からワークスが提供する卒業後3年間任意のタイミングで入社できる権利として「入社パス」の付与を行い、さらに「GATE To Disruptor」への挑戦権を授与しています。

●サマーインターンシップ開催概要
※サマーインターンシップへの参加をご希望の方は、まずTOPセミナーへお申込みください。

【TOPセミナー 概要】
・日  時:6月13日(火)/7月13日(木)14:00~18:30
・講演内容:「グローバルで活躍するビジネスパーソンに求められる能力とは」
ワークスアプリケーションズ 代表取締役CEO(創業経営者)牧野正幸
・開催場所:3都市同時開催(東京・大阪・福岡)
・入 場 料:無料(事前登録制)
・応募方法:下記サイトからお申込みください。
リンク

※途中参加は不可となります。
※大阪、福岡は中継となります。
※TOPセミナーと同日にインターンシップ説明選考会(インターンシップに関する説明および
一次選考)を実施します。

【サマーインターンシップ 概要】
・内  容:実際のビジネスで起こりうる難解な「答えのない課題」に対し、課題を分解・分析し、理想を導く仮説を組み立て、それを実現する新製品を企画。 実際に製品を開発し、大手企業経営者を想定したプレゼンテーションに挑んでいただきます。
・参加条件:2019年3月以降に卒業予定の大学生・大学院生(学部、学科不問)
※当社への入社意思は不問です。
※選考(筆記試験含む)を経て、参加者を決定いたします。
・実施期間:8、9月で開催
※詳細はインターンシップ説明選考会でご説明いたします。
※インターンシップ開催中のプログラムへの参加時間は10:00~19:00を予定しています。
※インターンシップは全日程への参加が原則です。
・会  場:東京・大阪・福岡
・報  酬:成績優秀者には別途、成績に応じた対価をお渡しいたします。
また、インターンシップ修了時に所属している教育機関を卒業後3年間、規定のタイミングで任意に行使可能な「入社パス」を付与いたします。(起業後、留学後、他社入社後なども行使可)
・応募方法:下記インターンシップ特設サイトからお申込みください。
リンク

◆ 株式会社ワークスアプリケーションズについて
商号:株式会社ワークスアプリケーションズ
設立:1996年7月
代表者:
代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸
代表取締役最高執行責任者 阿部 孝司
代表取締役最高技術責任者 石川 芳郎
資本金:3,626,506千円
所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル19階
事業内容:大手企業向けERPパッケージシステム「HUE(R)」および「COMPANY(R)」の
開発・販売・コンサルティングサポート
売上高:40,786 百万円(連結) ※2016年6月末時点
従業員数:5,631 名(連結) ※2016年6月末時点
Webサイト:
製品サイト:リンク 採用サイト:リンク



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事