logo

サー・イヴァンが銃による暴力反対の新曲「I Am Peaceman」をリリース

Peaceman Productions 2017年06月07日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

サー・イヴァンが銃による暴力反対の新曲「I Am Peaceman」をリリース

AsiaNet 68787 (0815)

【ニューヨーク2017年6月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*シカゴのMercy Hospitalの精神科に1万ドル寄付

レコーディングアーティストのサー・イヴァン(リンク )は今週、彼のニューシングル「I Am Peaceman(リンク )」をリリースした。この新曲は、アイコニックな歌手デビー・ギブソンが参加しており、銃による暴力で引き起こされたトラウマに苦しんでいる人々を支援することを願っている。

Video - リンク
Photo - リンク
Logo - リンク

銃による暴力は、米国における若いアフリカ系米国人の死亡の主因になっている。その数は、2位以下の9つの死因を合わせた数よりも大きい。シカゴでは2016年、殺人は過去16年以上の間で最高件数に達した。殺人事件に巻き込まれた人々は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)として知られる深刻な精神的問題に苦しむ可能性がある。

この苦しみの軽減支援を目的として、サー・イヴァンとピースマン財団(リンク )は米国で最も大きな打撃を受けたアフリカ系米国人コミュニティーのPTSD被害者の治療を支援するため、シカゴのMercy Hospitalの精神科に1万ドルを寄付した。さらにサー・イヴァンは「I Am Peaceman」のビデオ視聴や歌曲ストリーム配信、ダウンロードからの純利益をピースマン財団に寄付し、同財団はPTSDとLGBTのために、そして暴力に巻き込まれた人々を支援するためにかなりの金額を寄付する。

サー・イヴァンは彼の父シッギ・ウィルジグ氏を記念し、特に憎悪や暴力と闘うため、2005年にピースマン財団を設立した。彼の父はホロコーストの間、アウシュビッツでの2年間にわたる体罰と拷問によって発症したPTSDの典型的症状に苦しんだ。

「I Am Peaceman」は、アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)受賞者のアリ・ディーがプロデュースした。Riddler、JayMac、7th Heaven、Disco Killerz & Liquid Todd、Dor Dekelによって作られた5つのリミックスが入っている。

ミュージック・ビデオは、BETとMTVの年間最優秀ビデオ賞を受けたエリック・ホワイトが監督した。ホワイトは「Glee/グリー」でライアン・マーフィーと協力し、サー・イヴァンの歌「Kiss All the Bullies Goodbye」のためのいじめ反対ミュージック・ビデオも制作した。

「I Am Peaceman」はiTunes(リンク )で入手できる。

サー・イヴァンに関する詳しい情報はwww.SIRIVAN.com を参照。

▽ソーシャルメディアについて
Facebook.com/SIRIVANOfficial(リンク
Twitter.com/SIRIVAN(リンク
Instagram.com/SIRIVANOfficial(リンク

▽報道関係問い合わせ先
Steve Deitsch
Reverberate! Marketing Communications
steve@re-verberate.com or
+1-212-727-0790

ソース:Peaceman Productions

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。