logo

データレスキューセンター、認識しない2TBの外付けHDD(ハードディスク)のデータ復旧をご依頼いただいた西日本鉄道株式会社様によるお客さまの声を公開

会社設立15周年を迎え、データ復旧サービスで日本トップクラスのシェアと実績を誇るデータレスキューセンターは、認識しない2TBの外付けHDD(ハードディスク)のデータ復旧をご依頼いただい西日本鉄道株式会社様によるお客さまの声を公開しました。

会社設立15周年を迎え、データ復旧サービスで日本トップクラスの「シェア」と「実績」を誇るデータレスキューセンターを運営する株式会社アラジン(本社:福岡県福岡市 / 代表取締役社長:長濱慶直)は、「にしてつ」の略称で親しまれ、鉄道事業だけでなく西鉄バスやソラリア西鉄ホテル等、多角的に事業を展開されている西日本鉄道株式会社様から、認識しない2TBの外付けHDD(ハードディスク)の復旧をご依頼いただきました。重度の物理障害が発生していましたが106,545ファイル(148,922MB)のデータ復旧に成功しました。

■西日本鉄道株式会社様によるお客様の声(一部抜粋)
「データレスキューセンターさんは分解が必要な障害のHDDにも対応されていること、データが復旧可能な場合は事前に復旧可能なリストの提示があること、ホームページ上に明確な復旧費用の目安が掲載されていること、お客様の声として福岡に所在する他の地場企業からの利用が掲載されていることも依頼させていただくポイントになりました。
このようなトラブルに見舞われたことが初めてということもあり、外付けHDDのデータ復旧料金の相場が分からない部分がありましたが、西鉄情報システムの担当部署から助言を受けながら、データレスキューセンターさんを選択しました。ホームページに上限費用が明確に表示されているため、重度の物理障害であってもコスト面の不安が小さいのは良い点だと思います。
また、今回はデータの展開状況についても問題なく、100%のデータが復旧可能という点がすごいと思いました。復旧可能なデータリストを確認したところ、作成していた通りのファイルやフォルダが確認できる状態で、必要なデータも容易に見つけることができました。」

■西日本鉄道株式会社様によるお客様の声(全文はこちら)
リンク

■お客様の声の一覧はこちら
リンク

■プレスリリース
リンク

今後もパソコン/サーバー、外付けHDD(ハードディスク)、RAID/NAS、SDカード/microSDカード、USBメモリ等のデータ復旧・復元技術とサービスの向上、データ復旧料金の低価格化に取り組んでまいります。

【会社概要】
会社名:株式会社アラジン
サービス名称:データレスキューセンター
事業内容:データ復旧サービス
登録商標:データレスキューセンター / データレスキュー / データレスキューサービス
本社:福岡県福岡市中央区薬院1−5−6 ハイヒルズビル3階
代表取締役:長濱慶直
資本金:5,000万円
設立:2002年5月
セキュリティ認証:プライバシーマーク / ISO27001(ISMS)
保有特許:特許第4090494号 / 特許第4236689号 / 特許第5512470号
URL(PC用サイト):リンク
URL(スマホサイト):リンク

■本リリースに関するお問い合わせ先
データレスキューセンター
主任 松岡 智明
TEL:092-720-6633

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事