logo

家庭環境による教育格差を解消 「児童養護施設児童対象 授業料免除制度」を導入

株式会社NSGアカデミー 2017年06月06日 13時00分
From Digital PR Platform


家庭環境による教育格差を解消 「児童養護施設児童対象 授業料免除制度」を導入

株式会社NSGアカデミー(本社:新潟市中央区、代表取締役社長:山根 憲介)では、家庭環境による教育格差解消を目的として、「児童養護施設児童対象 授業料免除制度」を本年4月より導入いたしました。新潟県内に5つある児童養護施設を対象に、「児童福祉法による児童入所施設措置費等国庫負担金」でカバーできなかった小学生や、高校生の突出してしまう授業料分を免除させていただく制度となります。

1、制度の目的について
NSGアカデミーは「人は限りない可能性を秘めている」を教育理念に学習指導を行っています。子どもたち一人ひとりに秘められた「可能性」を認め、引き出し、そして21世紀を力強く生き抜いていく人間へと導くのは、子どもたちの周りにいる大人全員の責務であり、教育に携わる者の責任は大きいと考えます。
一方、近年、家庭の収入格差が教育機会の格差につながり、学力や高校卒業後の進路に影響を及ぼすおそれがあることも指摘されています。
そのような家庭環境による教育格差を少しでも解消する目的でこの制度を開始しました。制度の詳細は以下の通りですが、「児童福祉法による児童入所施設措置費等国庫負担金」とこの制度を併用することで、対象となる児童養護施設に入所中のお子様であれば、実質的な負担がなく弊社がご提供する教育サービスをご利用いただけます。

2、制度の内容について
(1)対象施設
若草寮(新潟市北区)、新潟天使園(新潟市西区)、双葉寮(長岡市)、
聖母愛児園(見附市)、若竹寮(上越市)
(2)対象学習塾ブランド
新潟県内の
「NSG教育研究会(集団指導進学塾)」…37校舎
「NSG PLATS(個別指導塾)」…13教室
※「NSGアカデミー 東進衛星予備校」は対象外となります。


(3)対象学年・減額内容
対象学年 減額内容
小学生 授業料・教材費・諸経費・テスト代等 全額免除
中学生 (全額国庫負担金を活用いただけます。)
高校生 月15,000円を超える授業料・教材費・諸経費・テスト代等免除
(15,000円までは、国庫負担金を活用いただけます。)
※国庫負担金ではカバーされない、「小学生の費用」及び「高校生の月15,000円を超える費用」も
当制度を利用することで、実質的な負担がなくなります。

<プレスリリースに関するお問い合わせ>
株式会社NSGアカデミー
担当部署:事業推進本部   担当者名:池田、白井
TEL: 025-243-1166  FAX: 025-243-2701
















本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事