logo

『大戦乱!!三国志バトル』にTVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』の喪黒福造がドーン!!と参戦!

株式会社gloops 2017年05月31日 13時00分
From PR TIMES

株式会社gloopsは、Mobageにて提供中のソーシャルゲーム『大戦乱!!三国志バトル』において、TVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」とのコラボレーションを実施いたします。



[画像1: リンク ]

 株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:李 仁)は、「Mobage(モバゲー)」(URL:リンク)にて提供中のソーシャルゲーム『大戦乱!!三国志バトル』において、2017年6月1日(木)より、放送中のTVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」(URL:リンク)とコラボレーションしたカードの配信を開始いたします。

■「ココロのスキマ…お埋めします」喪黒福造が『大戦乱!!三国志バトル』に参戦!
25年ぶりの復活が話題を呼んでいる、大好評放送中TVアニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』と、『大戦乱!!三国志バトル』のコラボが実現!
全身黒ずくめの謎の男「喪黒福造」が、コラボ限定カードとなって登場いたします。
喪黒福造が扮するは、符や聖水を用いて多くの人々の病を治し、仙人と呼ばれ崇められた人物「于吉」。摩訶不思議な力で人の心を動かす様は、喪黒福造と重なります。
トレードマークの黒い帽子とカバンはそのままに、三国志の世界観にアレンジされた新カードを、ぜひお見逃しなく!

<カード配信期間> 2017年6月1日(木) ~ 8月31日(木)

[画像2: リンク ]

 
『大戦乱!!三国志バトル』では、今後も人気漫画家、イラストレーターとのコラボレーションによるキャラクターカードの配信を行ってまいります。


□『笑ゥせぇるすまんNEW』について
「ホーホッホッホッホッ」あの怪人・喪黒福造が帰って来る--。藤子不二雄Ⓐによる大人気ブラック・ユーモア漫画『笑ゥせぇるすまん』が、2017年4月、原作の雰囲気はそのままに、オリジナル脚本も交えた1話完結のオムニバス形式のテレビアニメで復活!!

【放送日時】
TOKYO MX: 毎週月曜23:00~   アニマックス: 毎週金曜24:00~
読売テレビ: 毎週月曜25:59~   チューリップテレビ: 毎週月曜24:56~
BS11: 毎週火曜25:30~      ミヤギテレビ: 毎週金曜26:30~
※放送時間は都合により変更になる場合があります。

公式サイト:リンク

原作:藤子不二雄Ⓐ
監督:小倉宏文(『新あたしンち』『エリアの騎士』)
出演:玄田哲章ほか
脚本:福島直浩、石川あさみ、夏緑
キャラクターデザイン・総作画監督:鈴木藤雄
美術監督:西田稔
色彩設計:井上あきこ
撮影監督:牧野真人
編集:中葉由美子
音響監督:飯塚康一
音楽:田中公平
制作:シンエイ動画
企画制作協力:トムス・エンタテインメント


□『大戦乱!!三国志バトル』について
『大戦乱!!三国志バトル』は、210万人を超えるユーザーの皆さまにお楽しみいただいているリアルタイムバトルゲームです。三国志に登場する数百名以上もの武将や軍師を配下に従え、自分だけのオリジナル部隊を組み、仲間と協力し連携を重ねて、連合軍同士で競い合います。多数のハイクオリティ美麗カードに加え、著名漫画家や有名イラストレーターのカードも多く、大変高い人気を得ています。

【タイトル概要】
□タイトル名: 大戦乱!!三国志バトル
□料金体系: 無料(アイテム課金制)
□ご利用方法: Mobage IDによる認証が必要です
□公式サイト: リンク
□ゲーム開始ページ:
 [スマートフォン]
 リンク
[画像3: リンク ]

 [フィーチャーフォン]
 リンク
[画像4: リンク ]


コピーライト表記 (C)藤子スタジオ/笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会
         (C) gloops, Inc.
本リリースの文章、提供した画像データ等を、本件に関する記事以外の目的で使用することを禁止します。

■株式会社gloops (グループス) について   リンク
gloopsは、「みんなの手に、新しい遊びを。」をスローガンに、モバイルゲーム上で革新的な価値を提供しつづけ、遊びを通じて人々と繋がる面白さを体験できるゲームの開発・運営を行っております。現在までに約40タイトルを配信し、累計約4,000万人のお客様に楽しんでいただいております。

設立: 2005年8月2日
代表取締役社長: 李 仁
事業内容: ソーシャルアプリケーション事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事