logo

ウエスタンデジタル、64層3D NANDテクノロジーを用いた世界初のクライアント向けソリッドステートドライブ提供へ

ウエスタンデジタル 2017年05月30日 12時30分
From PR TIMES

フラッシュメモリーの進化を実証する新3D NAND SSD

台湾台北(COMPUTEX)、2017年5月30日 – データストレージ技術とソリューションを提供するグローバルリーダー企業であるウエスタンデジタルコーポレーション(NASDAQ:WDC、以下ウエスタンデジタル)は本日、64層3D NANDテクノロジーを用いて開発された世界初のクライアント向けソリッドステートドライブ(SSD)を発表しました。この新技術により、ウエスタンデジタルは、低消費電力、高性能、耐久性や大容量をさらに向上させた革新的なSSDを提供していきます。これは、30年近くにわたるフラッシュメモリー業界の歴史において初めて達成した成果です。

ウエスタンデジタルの社長兼COOのマイク・コルダノは次のように述べています。「64層3D NANDのSSDをPC市場に提供するということは、この新技術への継続的な移行、そしてお客様に長期的なメリットをもたらすという点において、重要な一歩となります。SanDiskとWDの強力な2つのブランドから発売するSSD新製品は、それぞれの顧客ベースおよび流通チャネルを通して販売され、最新技術によるメリットを求める広範なコンピューティング・コミュニティにとって魅力的な製品となります」

WD Blue(R)3D NAND SATA SSD-Western Digital(R)3D NANDを搭載
DIY愛好家、リセラー、システムビルダーをターゲットとしたWD Blue 3D NAND SATA SSDは、業界最高水準の175万時間のMTTFを誇り、WD Functional Integrity Testing Lab(FIT Lab™)の品質認証が行われています。さらに、ユーザーは、Acronis(R)True Image™WD Editionクローニングソフトウェア、および性能と容量の継続的な監視とファームウェアの更新を可能にするWD(R)SSD Dashboardソフトウェアの無料ツールをダウンロードすることができます。

SanDisk(R) Ultra 3D SSD -ゲームやグラフィックスのパフォーマンスを加速
SanDisk Ultra 3D SSDは、PCの性能を向上させたいゲーマーやクリエイターを対象としており、既存システムのアップグレードとして理想的な製品です。SanDisk Ultra 3D SSDは、PCを簡単にアップグレードする方法を求めている消費者に、耐久性と信頼性の向上、高速起動、アプリケーションロード時間の短縮、およびデータ転送の高速化をもたらします。さらに、低発熱で静音動作に加えて、ドライブを保護する確かな耐衝撃性と耐振性を備えています。

出荷時期および価格について
WD Blue 3D NAND SATA SSDは、従来の2.5インチ/ 7mmドライブと、片面M.2 2280のフォームファクターで、250GB、500GB、1TB、2TBの容量で提供します。すべてのWDブランドのSSDと同様に、WD Blue 3D NAND SATA SSDは、多くの主要プラットフォームとの互換性を確保するためにWD F.I.T Lab認証を取得しています。

SanDisk Ultra 3D SSDは、従来の2.5インチ/ 7mmドライブフォームファクターで、250GB、500GB、1TB、2TBの容量で提供されます。

両製品は、それぞれ最大560MB/秒と530MB/秒のシーケンシャル読み取り/書き込み速度で、3年間の製品保証、ワールドワイドに2017年第3四半期の出荷を予定しています。米国での推奨小売価格は、WD Blue 3D NAND SATA SSD、およびSanDisk Ultra3D SSD 2.5インチ/ 7mmバージョンが$ 99.99 USDから、WD Blue M.2 2280バージョンが$ 99.99 USDからです。
(※両製品とも日本での発売は未定です。)

WD Blue 3D NAND SATA SSDの詳細については、WDのWebサイト リンク をご覧ください。また、SanDisk Ultra 3D SSDの詳細はWebサイト リンク をご覧ください。

■ウエスタンデジタルについて
ウエスタンデジタル(NASDAQ:WDC)は、データを作成、活用、体験、保存するためのストレージ技術やソリューションを提供する業界リーダーであり、お客様志向のイノベーションを取り入れた、高効率で柔軟性が高く、高速、高品質で魅力的なストレージソリューションを幅広く提供することによって、変化を続ける市場ニーズに対応しています。ウエスタンデジタルの製品は、HGST、サンディスク、およびWDのブランドでOEMや代理店、リセラー、クラウドインフラストラクチャ・プロバイダーに提供され、一般消費者向けにも販売されています。詳細については、 www.hgst.com 、 www.wd.com 、 www.sandisk.com をご覧ください。

■Forward Looking StatementsThis news release contains certain forward-looking statements, including the development, performance, capacity, capabilities, applications, approximate price and estimated product availability of the WD Blue 3D NAND SATA SSDs and SanDisk Ultra 3D SSD and expectations for the acceleration of the transition to 64-layer 3D NAND, that are based on current expectations and involve numerous risks and uncertainties that may cause these forward-looking statements to be inaccurate. Risks that may cause these forward-looking statements to be inaccurate include among others: our product offerings may not be available at the price and time we expect, the transition to 64-layer 3D NAND may not accelerate as expected and other risks detailed from time-to-time in Western Digital’s Securities and Exchange Commission filings and reports, including, but not limited to, our most recent quarterly report filed on May 8, 2017 on Form 10-Q to which your attention is directed. This news release contains information from third parties, which reflect their projections as of the date of issuance. All statements made in this news release are made only as of the date of this release. Western Digital undertakes no obligations to update the information in this release in the event facts or circumstances change after the date of this release.

(C) 2017 Western Digital Corporation or its affiliates. All rights reserved.
Western Digital、SanDisk, the SanDisk logo, WD, the WD logo, F.I.T. Lab, SanDisk Ultra and WD Blueは、米国およびその他の国におけるWestern Digital Corporation、またはその関連会社の登録商標または商標です。Acronis and Trueは、米国およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標または商標です。その他の商標も特定の目的のためのみに使用されるものであり、各権利者によって商標登録されている 可能性があります。写真は実物と異なる場合があります。
1TB=1,000,000,000,000バイト。実際に利用できる容量は使用環境によります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。