logo

アマゾンKindleストアで「英語」ジャンル2位!「総合」24位!イギリス英語の入門書がimpress QuickBooksより発売中



インプレスグループで、デジタルコンテンツ配信のITコンサルティングおよびソリューション事業を手がける株式会社ICE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北川雅洋)が運営する、電子書籍レーベル「impress QuickBooks(R)」(インプレス・クイックブックス)は、『[音声DL付] 日本人が知らないイギリス英語入門 ~アメリカ英語と比較しながら、基本から文化背景までわかる!~』の発行を開始いたしました。
[画像: リンク ]


impress QuickBooks
[音声DL付]
日本人が知らないイギリス英語入門
~アメリカ英語と比較しながら、基本から文化背景までわかる!~

マリ・マクラーレン 著
参考価格:500円(税抜)

●Amazon Kindleストア
リンク


【内容紹介】

世界では使われているのに、日本人が知らない英語!?
中高で学んだアメリカ英語学習だけではわからないイギリス英語のボキャブラリーやフレーズが電子書籍で一冊に

~アマゾンKindleでいきなり「英語」ジャンル2位、「総合」24位※~
※順位は2017年5月23日調べ

英語の発祥地イギリスは、主に日本の英語教育で使われるアメリカ英語と違った発音やフレーズが使われることをご存じでしょうか? 日本の英語教育の常識は、世界の非常識かもしれません! 日本で習う英語のほぼ100%がアメリカ英語ですが、ヨーロッパやオーストラリア、アフリカ、香港など英語が使われ高度な英語ユーザーの多い国々では、イギリス英語をベースにイギリス英語が教えられています。
日本では「美女と野獣」や「シンデレラ」のディズニー映画、「ハリーポッター」などイギリス英語が使われる映画の大ヒット、「イケメン英国俳優」ブーム、TVドラマの「ダウントン・アビー」や皇室報道といった由緒正しい「RP英語」などのイギリス英語&コンテンツ人気にもかかわらず、初心者でも気軽に学べるイギリス英語入門の英語教材はほとんど発行されていません。本書は電子書籍の強みを活かし、ワンコインでイギリス英語をやさしく学べる一冊になっています。

本電子書籍では、日本在住で日本語のブログを発信しているイギリス人英語教師である著者が、いまのイギリス(とくにロンドンを中心とするイングランド地方)で使われている英語とアメリカ英語の違いを、やさしく解説。発音や綴りの違いから「なぜそう言うか」の文化の背景まで紹介します。「英語圏では自分が悪くても謝ったらダメ」「自分のことを強くアピールすべき」といった日本ではまことしやかに言われている「英語の常識」も、アメリカとイギリス英語の文化的な背景から見れば、必ずしもそうではないといったこともズバリ紹介されています。イギリスファンは必読ですが、ビジネス英語や一般のアメリカ英語学習者も、英語についての世界観がガラリと変わる一冊になるかもしれません。

旅行先や、海外で出会った友達との会話に役立つボキャブラリーやフレーズをふんだんに詰め込み、イングランドの標準的アクセントのオーディオファイルも無料ダウンロードが可能。ネイティブの使い方・発音で、基本の英会話が学べます。若者語の発達や、発音の変化の早さは日本並み!?とも言われ「アメリカ英語の先を行く進化を遂げる」と言われるイギリス英語ですが、2010年代の現在、標準的に使われており、海外のどの国で話しても恥ずかしくない「ナチュラルな生きたイギリス英語」が学べます。音声と発音の特徴をあわせて読めば、TOEICでイギリス英語/オーストラリア英語のナレーターの英語攻略がわからない、聞き取れないという方にもおすすめの教材です。


【著者紹介】

マリ・マクラーレン
著者、ブロガー、英語教師。生まれと育ちはイングランドのベッドフォードシャー(ベッドフォードは、ロンドンから電車で大体40分くらいのところにある郊外の町。そのため、著者の発音はイギリス英語の「標準語」。いわゆる地方の方言などの訛りはない一般的なイングランドの英語を話す)。
2001年にヨーク大学(生物学)を卒業したあと、ヨークの会計事務所で就職。しかし、自身が会計士の仕事に向いていないと気付き、旅行が好きなこともあって海外へ行ける仕事を探し始める。2005年に日本の政府が管理しているJET Programme(JETプログラム)で京都府の福知山市に派遣される。福知山市では2年間、さまざまな小学校と中学校で英語を教え、2007年に東京に移動。それ以来、東京の私立中・高校で英語を教えている。
2013年の初めに自分の日本語を練習するためと日本人にイギリス英語の特徴を紹介するためにブログ「ブリティッシュ英語(リンク)」を開設。現在では多くの定期購読者が愛読する、世界で唯一の「生粋のイギリス人がイギリス英語を日本語で解説するブログ」になっている。


impress QuickBooks(R)(インプレス・クイックブックス) リンク
スマートフォンなどの電子端末で気軽に読める「電子生まれの」電子書籍です。2012年2月の販売開始以来、500タイトル以上を刊行し、Amazon Kindleストアや、kobo、紀伊国屋BookWebをはじめとする電子書店の売り上げランキング上位にランクインするタイトルを多数刊行しています。
 ●Twitter: リンク


インプレスグループ リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

株式会社ICE リンク
所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町 1-105 神保町三井ビルディング
設立:2006年2月20日
資本金:1億円
事業年度:毎年4月1日から3月31日まで
従業員数:30名(2016年3月31日現在)
代表取締役:北川雅洋
事業内容:デジタルコンテンツ配信のITコンサルティング及びソリューション事業

本件に関するお問合せ先
株式会社ICE QuickBooks事業部
E-mail:quickbooks_info@impress.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。