logo

コベストロ、化粧品産業技術展CITE Japan 2017に出展

コベストロジャパン株式会社 2017年05月24日 11時56分
From Digital PR Platform


コベストロジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:米丸公康)は2017年5月31日から6月2日までの3日間、パシフィコ横浜で開催される化粧品産業技術展CITE Japan 2017に出展し、革新的で多様性のあるポリウレタン化粧品原料バイキュサンシリーズを展示します。

バイキュサンは、ポリウレタンをベースとする水系分散液、アルコール溶液、およびポリウレアパウダーの製品です。すべての製品グレードが優れた性能を発揮するよう丹念に開発されました。日本を含むアジア市場でのアンチポリューションやアンチエイジングといったトレンドに対応するため、この度の展示会では、特にスキンケアと高耐水性サンケア用途に焦点を当てた処方提案をします。例えば、水系ポリウレタン分散液のバイキュサンC1004は、スキンケア製品に使用すると肌にハリを与えると同時に透明な膜ができ、大気汚染から肌を守ることができます。この功績が認められ、中国の広州で2月に開催されたPCHi展示会ではイノベーション賞を受賞しました。また、お客様の声を反映し、ホールド力を向上させたヘアケア向け皮膜剤バイキュサンC1010も市場投入しています。
 
コベストロは、日本を初めとするアジア市場で今後もトレンドやニーズに合わせた製品開発と処方提案に注力し、お客様の製品開発に貢献していきます。

-------
コベストロ社について
コベストロ社は2016年度売上高が119億ユーロの世界最大のポリマー製造企業のひとつです。主たる活動分野は、高機能ポリマー材料の生産、および日常生活の多くの分野で使用されている製品の革新的ソリューションの開発です。主要な顧客は、自動車、建築、木材加工・家具、そして電気・電子の各産業です。他にもスポーツ・レジャー、化粧品、ヘルスケアや化学の各産業向けに製品を提供しています。コベストロ社(旧バイエル マテリアルサイエンス)は、世界中の30拠点に生産施設があり、社員数は2016年末で約15,600人(正社員)です。詳しくはこちらをご覧ください。covestro.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事