logo

Supermicroが近日発表のIntel Xeon Processor Scalable Familyに基づくサンプルシステムを発表

Super Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ) 2017年05月24日 10時11分
From 共同通信PRワイヤー

Supermicroが近日発表のIntel Xeon Processor Scalable Familyに基づくサンプルシステムを発表

AsiaNet 68667 (0760)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2017年5月23日PR Newswire=共同通信JBN】
*近日発表のIntel Xeon Processor(コードネームSkylake)をサポートする次世代X11SupermicroSuperServer(R)およびSuperBlade(R)は2017年半ばに出荷予定。23日にはサンプルソリューションが利用可能

コンピュート、ストレージ、ネットワーキング技術、グリーンコンピューティングのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ、NASDAQ:SMCI)は、Intel(R)Xeon(R)Processor Scalable Family(コードネームSkylake)に基づく次世代X11製品ファミリーの提供計画を発表した。このシステムは2017年半ばに出荷され、主要なエンタープライズ、クラウド、ハイパースケール・データセンターに加え、世界の主要なチャンネルおよび流通パートナーをターゲットにしている。Supermicroは、5月17日開催のSAP Sapphire、5月30日から開催のComputex、6月19日開催のInternational Super Computing 2017で、23日から利用可能なサンプルソリューションを搭載して内覧する。

次世代X11SuperServer(R)およびSuperBlade(R)は、業界で最も広範なサーバーおよびストレージ・システムのポートフォリオを完全に設計し直したもので、2017年半ばに出荷する。X11設計は、最大のCPUパワーエンベロープ、メモリー性能、FPGAサポート、Intel(R)Xeon(R) ProcessorScalable Family(コードネームSkylake)とのCPU相互接続機能に対応するように特別に最適化されている。1U/2Uラックマウント、マルチノードTwinおよびBladeフォームファクターで提供されるX11ファミリーは、Intel(R) Optane(TM)SSDを含む完全なオールフラッシュおよびハイブリッドNVMe SSDで設計された業界トップのストレージおよびI/O性能、マネジャビリティーを提供し、100G/40G/25G/10G/1G Ethernet、EDR/100G IB、Intel(R)Omni-Path Architectureをサポートするとともに、RedfishおよびIntel(R)Rack Scale Designを含むオープン管理アーキテクチャーをサポートする。Titanium Level 96%効率の電源サプライを搭載するX11データセンター・サーバーは性能と電力効率の両方が最適化されている。

Supermicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれは最新のイノベーションを市場に初めて導入することにコミットしている。われわれは、最大3.9倍の仮想化スループットを提供できるCPUを搭載した最新のIntel(R)Xeon(R)Processor Scalable Familyプロセッサーに基づくX11 Ultra、TwinPro(TM)、BigTwin(TM)、SuperBlade(R)をはじめとする多数の最新設計製品を内覧できることを大変うれしく思う。1つの例として、2U 4ノードBigTwin(TM)があり、これはノード当たりより多くのDIMM、6基のNVMe、デュアルプロセッサーをサポートし、最大性能を発揮する」と語った。

1UのX11 Ultra SuperServer(R)は、最大限のストレージアクセスのためのデュアルCPU、NVMeないしはSATA3ないしはSAS3の2.5インチ・ドライブを搭載するIntel(R)Xeon(R) Processor Scalable Familyをサポートする。Ultra SuperServerは、最大限のエネルギー効率とビジネス・アジリティーのために、冗長性があるTitanium Levelデジタル電源サプライをサポートする。また、100G/40G/25G/10G/1G Ethernet、EDR/FDR/QDR IB、Intel(R)Omni-Path Architectureファブリックもサポートされる。

2U fifth generation X11BigTwin(TM)は、Supermicroの画期的なTwinアーキテクチャーを使用し、消費電力・価格・設置面積当たり大幅に向上した性能を提供する。最高の製品品質、供給能力、性能のための完璧なシステムであるBigTwin(TM)はSupermicro IPMI/SSMソフトウエアとグローバルサービスによってサポートされ、データセンター、マルチクラウド、HPC、エンタープライズ環境向けに最適化されている。

最新の8U SuperBlade(R)エンクロージャーは、最大20基の2ソケット・ブレードサーバーないしは最大10基の4ソケット・ブレードサーバー(42Uラック当たり最大100サーバー)をサポートできる。8U SuperBladeエンクロージャーは最大2TBメモリーを提供し、2.5インチホットプラグSAS/SATA HDD/SSD、NVMeドライブ、オプションのM.2ストレージを内蔵する。このエンクロージャーは100G EDR InfiniBandないしは100G Omni-Pathスイッチ、1G、10G、25G Ethernetスイッチ、シャーシ管理モジュール(CMM)、最大8基の2200W Titanium Level(96%)電源サプライを内蔵する。

デモンストレーション・ユニット
データセンター向けのデモ・システムに関してはSupermicroの営業担当にコンタクトを。

▽Super Micro Computer Inc.(NASDAQ: SMCI)について
Supermicro(R)(NASDAQ:SMCI)は、高性能・高効率のサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであり、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向け高性能サーバーであるBuilding Block Solutions(R)の第一級プロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で入手可能な中で、エネルギー効率が最も高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。詳細はリンク を参照。

Supermicro、SuperServer、SuperBlade、MicroBlade、BigTwin、Building Block Solutions、We Keep IT GreenはSuper Micro Computer, Inc.の商標ないし登録商標またはその両方である。

Intel、Xeon、Optane、Xeon Phi、AtomはIntel Corporationの米国およびその他の国での商標ないしは登録商標である。

その他のブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産である。

ソース:Super Micro Computer, Inc.

▽問い合わせ先
Robert Durstenfeld
Super Micro Computer, Inc.
robertd@supermicro.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。