logo

マーケティングや広告コミュニケーションに関する世界的なアワード「Communicator Awards」でsimpleshowの解説動画が金賞・銀賞を受賞しました!

株式会社simpleshow Japan 2017年05月22日 17時30分
From PR TIMES



2017年5月に発表された、マーケティングとコミュニケーションの国際的コンテスト「23rd Communicator Awards(コミュニケイター・アワード)」で、6,000点を越すエントリーから、株式会社simpleshow Japan(所在地:東京都港区、代表取締役:吉田 哲)の解説動画「What's HANAMI(日本の花見)」「How to eat SUSHI the right way(お寿司の正しい食べ方)」「Japanese Toilets(日本のトイレ)」などが、金賞4個と銀賞10個を受賞しましたので、報告させていただきます。


◆Communicator Awards とは? リンク

「Communicator Awards」は、ニューヨークに本部を置くAcademy of Interactive and Visual Arts(AIVA)が主催する、マーケティング、通信、広告などで卓越したコミュニケーション能力を発揮した作品を表彰する世界的なアワードです。アート、広告、メディア、マーケティングなど各界の専門家約600名で構成されるAIVAの審査員が、100点満点で採点を行い、90点以上に金賞、70~89点に銀賞が授与されます。第23回目となる今年は、「オンラインビデオ」と「ソーシャル」のカテゴリーが導入され、これまで以上に大きな規模に拡大しています。


◆金賞受賞作品のご視聴はコチラ:

「What's HANAMI(日本の花見)」

[動画1: リンク ]



「How to eat SUSHI the right way(お寿司の正しい食べ方)」

[動画2: リンク ]



「Japanese Toilets(日本のトイレ)」

[動画3: リンク ]



【Communicator Awards 金賞受賞概要】

■受賞/部門:Award of Excellence(金賞)/Video-Travel
■クライアント:simpleshow foundation
■作品タイトル/長さ:「What's HANAMI(日本の花見)」/240秒
■作品アイデア/ストーリー:日本へ旅行に来たポールが、友人のエミさんに日本人が桜を愛でる理由とお花見のマナーについて教えてもらう動画です。日本人と桜の関係や、日本の芸術・文化に欠かせない桜の魅力を親しみやすい物語とともに解説しました。
[画像1: リンク ]


■受賞/部門:Award of Excellence(金賞)/Video-Travel
■クライアント:simpleshow foundation
■作品タイトル/長さ:「How to eat SUSHI the right way(お寿司の正しい食べ方)」 /185秒
■作品アイデア/ストーリー:ベイカーさん一家が、日本旅行で初めて「お寿司」に挑戦するにあたり、食通の友人トクさんから寿司の歴史や正しい食べ方を教わる物語です。寿司の魅力をわかりやすく説明しながら、日本の食に興味を持ってもらい、楽しんでいただくことをめざして制作しました。
[画像2: リンク ]


■受賞/部門:Award of Excellence(金賞)/Video-Technology
■クライアント:simpleshow foundation
■作品タイトル/長さ:「Japanese Toilets(日本のトイレ)」 /124秒
■作品アイデア/ストーリー:海外のスターをも虜にした日本のトイレは、きれい好きな日本人を象徴するものの1つ。自動開閉・便座ヒーター・擬音装置・温水洗浄機能といったハイテク技術が満載です。訪日外国人にとって必要不可欠なトイレの情報を、わかりやすく楽しく表現しました。
[画像3: リンク ]


■本解説動画の二次利用について:
WebにYouTubeのリンクを、はめ込んでいただくことは全く問題ございません。
予めご連絡いただいた上で「提供:simpleshow」と表記していただければ、テレビのニュースや新聞記事等で動画を部分利用していただくことも可能です。


◆simpleshowとは?

住所:東京都港区南青山4-5-25-101
WEBサイト:リンク

simpleshowは、ドイツ発の解説動画(Explainer Video)専門の企画制作会社。難しいメッセージを分かりやすく伝えて理解促進させる解説動画は、欧米を中心に、企業や学校の教育現場やWebマーケティングの最前線で活用されていますが、独自のペーパーカット・アニメーション・ノウハウを追求するsimpleshowは、2008年ドイツ創業後、イギリス、スイス、ルクセンブルク、シンガポール、マレーシア、香港、アメリカ、そして2014年に日本とグローバルに成長を続ける解説動画界のリーディングカンパニーです。これまで8,000本以上の解説動画を50以上の言語で制作して、世界の名だたる企業・団体の課題を解決しています。

最大の特長は、本社内に設置されたsimpleshow Academyという研究開発兼教育機関。クライアントの課題をターゲットに「記憶」させ「共感」させるsimpleshowメソッド(※)の研究開発を産学連携で行うと共に、世界中のsimpleshowスタッフの教育と品質管理を行っています。


※ “simpleshowメソッド”について
人間は本能的に指で示された場所に思わず注目してしまう原理を利用して、重要なイラストや場面転換を手で行いアテンションを高める工夫をしています。また、メッセージに脳を集中させるべく、視覚情報は少なくして、白黒の色構成にしています。アナログさとデジタルの融合が、ハイビジョン画面でもスマートフォン画面でも視聴者の心に親しみと共感を生み出します。他にも科学調査に基づいた様々なテクノロジーがsimpleshowには用いられています。

simpleshow Facebook: リンク
simpleshow YouTube : リンク


お問い合わせ先
株式会社simpleshow Japan(シンプルショージャパン)
広報担当: 青山
電話番号: 03-6447-4485(平日9:30-18:30)
Eメール : info.japan@simpleshow.com
WEBサイト: リンク
★お気軽に、ご質問、ご相談ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。