logo

「RDBMSの基本とNoSQL その3」

鈴与シンワートは古庄親方によるコラム「ゲームで使うクラウド四方山話」の最新号「RDBMSの基本とNoSQL その3」を公開しました。

###
みなさん、こんにちは。エンジニアの古庄道明です。
今回は「RDBでは満たしにくかったニーズを満たすべく作られた」NoSQL(Not only SQL)と呼ばれるものたち、について
書いていきたいと思います。

さて、このNoSQL(Not only SQL)ですが、この単語の意味合いは比較的「広範囲な様々な技術を含む」、言ってしまうと、些か「荒っぽい」分類になります。
本稿のその1、その2で書いていましたRDB、というのは、便利さの加減などからも「データを適切にCRUDするならRDBだよね!」という、選択肢があまりない状態でした。
ただ、そんなRDBも、その1で書いた通り「CAP定理に沿って考えた場合に「分断耐性がない」事、トランザクションや柔軟なSQL文のために「重かったり遅かったりする」事がRDBの主だった欠点」として出てきて、また、そういった問題点が、ニーズや背景、システムによっては「無視できない」レベルになってくるケースも出てきました。
そういった背景から「RDB以外のDBがあってもいいんじゃないだろうか?」といった感じの流れで、色々と出てきています。
そんな経緯で出てきたものが「NoSQL(Not only SQL)」になります。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。