logo

無料ウェビナー「臨床研究におけるレーザーマイクロダイセクション -KRAS/ NRA / EGFR 突然変異解析と、癌におけるテーラーメイド治療への応用」を開催 ~顕微鏡のライカマイクロシステムズ~

ライカ マイクロシステムズ株式会社 2017年05月22日 09時46分
From Digital PR Platform


顕微鏡のライカ マイクロシステムズが、無料ウェビナーを開催いたします。

テーマは、「臨床研究におけるレーザーマイクロダイセクション」。ダウンストリーム解析を行う際の課題である、「特異性の見られる標的細胞集団の正確なサンプリング」を可能にした、レーザーマイクロダイセクションの有用性と、CRC発癌における新しい治療法の開発プロセスについて、Institute of Pathology(MVZ ZPZ Cologne, Germany)分子病理部長の Klaus Hermann Wiedom 博士よりご発表いただきます。

ウェビナーは、2017年5月23日(水)24:00(日本時間)より、オンラインで開催いたします。下記より、ご登録をお受けしております。

<ウェビナーの学習目標>
1.KRAS / NRAS / EGFR 突然変異解析
2.レーザーマイクロダイセクションのテクニック
3.突然変異の検出に関するレーザーマイクロダイセクションの利点

結腸直腸癌(CRC)は、癌の中で3番目に一般的な疾病で、癌関連死の主要原因では第4位と言われています。CRC患者一人ひとりに合った治療法を提供するための、分子標的による個別化医療がますます重要視されている一方、分子解析に必要な、特異性のある標的細胞集団だけをサンプリングすることは困難です。

標的療法におけるレーザーマイクロダイセクションの有用性と、新しい治療法の定義プロセスについて、ご興味のある方は、ぜひ下記よりご登録のうえウェビナーへご参加ください。

参加登録はこちら
リンク

ご登録方法
1)上記のリンクから、お申込みページにアクセスしてください。
2)ページ左の「Registration Details」に必要項目を入力し、Submitボタンを押してください。
3) ご入力いただいたメールアドレスへ、ウェビナーの参加方法をお送り致します。
4) 開催時刻になりましたら、[Join the Event]ボタンを押してウェビナーへご参加ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事