logo

「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー2012」が「第41回 国際ワインチャレンジ」にて金賞を受賞

キリン株式会社 2017年05月17日 13時00分
From Digital PR Platform


メルシャン株式会社(社長 代野照幸)は、4月21日(金)、22日(土)の2日間にわたり、フランス・ボルドーにて開催された「第41回 国際ワインチャレンジ」にて、「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2012」が金賞を受賞しました。

金賞受賞は、昨年の「同 マリコ・ヴィンヤード シャルドネ 2014」(金賞および特別賞)、「同 北信シャルドネ2014」に続く連続受賞となり、赤ワインでの金賞受賞は、2004年の「同 桔梗ヶ原メルロー 1999」以来となります。また、「同 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫2015」が銀賞、「同 北信シャルドネ RDC 千曲川右岸収穫2015」が銅賞を受賞し、日本のワイナリーでは金銀銅の計3個の最多の受賞となりました。

●「国際ワインチャレンジ」について
・「国際ワインチャレンジ(Challenge International du Vin)」は、フランス・ボルドー地方で開催されている41年の歴史をもつ伝統的な国際ワインコンクールです。
・2017年の第41回大会では、世界39カ国から4,000点を超えるワインが出品され、約700名のワイン専門家や愛好家による評価が行われました。

●受賞した当社のワイン
【金賞受賞】「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2012」
長野県塩尻市桔梗ヶ原地区にて1976年からメルローの植栽を始め、1985年産の初ヴィンテージの誕生以来、『桔梗ヶ原メルロー』は日本を代表する赤ワインの一つとして評価されてきました。華やかな香りが時間とともに広がり、繊細な味わいの中に厚みと力強さを感じさせるワインです。
【銀賞受賞】「同 北信シャルドネ RGC 千曲川左岸収穫 2015」
長野県北部、日本海に流れる千曲川の右岸と左岸に垣根仕立てのブドウ畑が点在する北信地区。右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが造られます。このワインは、千曲川の左岸に位置する長野市(豊野町、およびその周辺)の契約栽培畑で収穫されたシャルドネをオーク樽にて発酵・育成したシャトー・メルシャン最高峰の白ワインです。粘土質の左岸から生み出された豊かなアロマ、穏やかな酸味のとても調和のとれた味わいです。
【銅賞受賞】「同 北信シャルドネ RDC 千曲川右岸収穫 2015」
長野県北部、日本海に流れる千曲川の右岸と左岸に垣根仕立てのブドウ畑が点在する北信地区。右岸と左岸では土壌が異なり、タイプの違うワインが造られます。このワインは、千曲川の右岸に位置する高山村、須坂市の契約栽培畑で収穫されたシャルドネをオーク樽にて発酵・育成したシャトー・メルシャン最高峰の白ワインです。砂礫質の右岸から生み出された芳醇で複雑なアロマや豊富なミネラル感、しっかりとした骨格を感じられるワインです。

【受賞の概要】
◆コンクール名 「第41回 国際ワインチャレンジ」(Challenge International du Vin)
◆開催日 4月21日(金)、22日(土)
◆開催地 フランス・ボルドー
◆出展ワイン数 4374点
◆受賞ワイン数 金賞707点、銀賞462点、銅賞219点
◆受賞ワイン・賞 「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 2012」・金賞、「同 北信シャルドネ RGC千曲川左岸収穫 2015」・銀賞、「同 北信シャルドネ RDC千曲川右岸収穫 2015」・銅賞


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事