logo

パイプドビッツとPtmind、マーケティングオートメーションセミナーを共催

~ オープンソースでできるマーケティングオートメーションの仕組み ~

株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)と株式会社Ptmind(東京都渋谷区、代表取締役CEO 鄭遠、以下「Ptmind」)は、2017年6月13日(火)に、オープンソースでできるマーケティングオートメーションの仕組みについて紹介するセミナーを開催しますので、お知らせいたします。
URL : リンク

■ 開催概要
 マーケティングオートメーションは、顧客にとって必要な時に必要な情報を届けることを目的に活用され、企業のマーケティング担当者から近年注目を集めています。一方、いざマーケティングオートメーションを導入しても、機能過多の高額な利用料で費用対効果が合わないといった課題や、マーケティング部と営業部間とでうまく連携が図れず、各部門から有益な情報をタイムリーに得られないといった課題を抱える企業も少なくありません。
 そこで、マーケティングオートメーションツールとの連携実績がある情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を提供するパイプドビッツと、データ分析・解析を事業領域とするPtmindは、「オープンソースでできるマーケティングオートメーションの仕組み ~部門間の壁を壊す~」と題し、マーケティング担当者向けにセミナーを開催いたします。
 本セミナーの第一部では、パイプドビッツがマーケティングオートメーションの数多ある機能より最適な機能を抽出し、「スパイラル(R)」と連携することでオープンソースを活用したセキュリティの高いマーケティングオートメーションを実現している背景や、マーケティングオートメーションとして「スパイラル(R)」を導入する企業が増えてきている理由をご紹介いたします。続く第二部では、全世界10万人以上に利用されているヒートマップ機能搭載アクセス解析ツール「Ptengine」および、データ統合ダッシュボード「DataDeck」を提供するPtmindが、“顧客体験の向上”を実現するための適切なコンテンツ分析と、分析で得た情報からどのようにして企業アクションを最適化するかについて、事例とともにご紹介いたします。第三部では、「スパイラル(R)」と「DataDeck」を導入されているご担当者様をお招きし、パイプドビッツとPtmindを交え、「スパイラル(R)」と「DataDeck」の導入経緯、選定された理由、両サービスを今後どのように活用していくのかをお伺いします。
マーケティングオートメーションの効果を実感できていない方や、部門間の情報の橋渡し業務にお困りの方などにおすすめのセミナーとなりますので、この機会にぜひお申し込みください。

名称:オープンソースでできるマーケティングオートメーションの仕組み ~部門間の壁を壊す~
日時:2017年6月13日(火)14:00~16:00(受付開始13:30)
会場:株式会社パイプドビッツ 2階セミナールーム
   東京都港区赤坂 2-9-11 オリックス赤坂2丁目ビル 2階
   <アクセス>東京メトロ南北線・銀座線 溜池山王駅 11番出口直結
プログラム
【第一部】14:00~14:40
「API連携で無限に広がるスパイラルを使ったマーケティングオートメーション」
 講師:パイプドビッツ コミュニケーション戦略プランニング部長 河田大介
【休憩】14:40~14:50
【第二部】14:50~15:30
「オートメーションとデータが導く顧客体験と企業アクションの最適化」
 講師:Ptmind Co-Founder Japan President 安藤高志
【第三部】トークセッション 15:30~16:00
「スパイラルとDataDeckを導入した利用と今後について」
 ゲスト:「スパイラル(R)」と「DataDeck」をご利用されている企業のご担当者様
 登壇:パイプドビッツ 医療・介護ソリューション事業部 山根靖弘 
    Ptmind Co-Founder Japan President 安藤高志

対象:マーケティングオートメーションを拡張されていきたい方
   営業部へ有益な情報を素早く共有したいマーケティング部
   部門管理者、エリアマネージャーなど部門間の橋渡しや業務改善を行いたい方々
参加方法:セミナーご案内ページの申込みフォームに必要事項をご入力のうえ送信してください。
URL: リンク
定員:50名
参加費:無料(事前申込制)
主催:株式会社Ptmind、株式会社パイプドビッツ

■ セミナーに関するお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツセミナー事務局
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事