logo

気の向くままに昼寝して、日が暮れたら焚き火を見つめて。野営派キャンパー向け「さすらいタープ」発売。

ビーズ株式会社 2017年05月15日 14時13分
From 共同通信PRワイヤー

2017/05/15

ビーズ株式会社

気の向くままに昼寝して、日が暮れたら焚き火を見つめて。
野営派ソロキャンパー向け「さすらいタープ」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(R)(ドッペルギャンガーアウトドア) リンク」は2017年5月15日、テントを使わずタープだけを張って寝泊まりをする「野営」派のソロキャンパー向けタープ「さすらいタープ TT1-483 リンク」を発売します。

【画像: リンク

<野営とは>
 キャンプそのものを「野営」と呼ぶこともありますが、狭義では「テントを使わずに寝泊まりすること」を指します。 特に人気なのが、タープだけを張って過ごすワイルドなスタイル。 タープの前で焚き火を起こしたりバーナーで簡単な調理をしたりし、タープの下でコットなどを使って眠れば、「非日常感」がより高まります。 皆でワイワイと食事や団欒を楽しむファミリーやグループでのキャンプとはまた違った趣で、自然や自分自身と向き合う時間を持てることが野営の醍醐味です。

<特長>
 「さすらいタープ」は、そんな野営派キャンパーに向けた製品。 さすらいの旅人の行動を想定した特長を持ちます。

【画像: リンク

1.気の向くままに昼寝
 一人分のコットが収まるサイズ設計で、野営に対応。 生地はUVカットUPF50+と耐水圧1000mmを兼ね備えており、厳しい日差しや万が一の降雨にも耐えうる仕様です。 素材はポリコットンで濃い影を作り出せるため、日中の昼寝にも最適です。

【画像: リンク

2.夜は焚き火
  ポリコットン素材は難燃性が高いため、タープの近くで焚き火を楽しむことができます。 ※完全な防炎素材ではないため、生地に火が接触しないようにしてください。 火の粉の大きさによっては生地に穴があくこともあります。

【画像: リンク

3.一人だからこそ自分の空間を自由にアレンジ
 タープ中央部にはフックリボンを標準装備しました。 蚊帳やランタンを吊り下げたり、荷物の整理に利用したりと、使い方は自由自在です。 ※蚊帳等は付属しません。別途ご用意ください。

【画像: リンク

4.荷物はコンパクト
 専用キャリーバッグが付属し、50cmの長さに収納可能。 バイクや軽自動車などへの積載も問題なくおこなえます。

【画像: リンク

5.たまにはテント泊
 ポール2本が標準付属のオールインワンセットなので、テントと一緒に使えばテントを保護しながら広い前室を作り出せます。 ソロキャンプやツーリングをより充実させることができます。

【画像: リンク

<製品概要>
【ブランド名】DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)
【製品名】さすらいタープ
【型番:カラー】TT1-483:ブラック
【サイズ】組立時外寸:(約)W4000×D3200×H1650mm
     収納時:(約)W500×D160×H180mm
【重量】(約)4.4kg
【仕様】最低耐水圧:1000mm、UVカット:UPF50+
【材質】生地:ポリコットン、ポール・ペグ:スチール
【付属品】ポール×2本、ペグ、ロープ、収納袋、取扱説明書
【希望小売価格】オープン価格(税別参考:18,900円)
【設営動画】リンク
【製品ページ】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。