logo

第121回広州交易会が閉幕、成約額は6.9%増

Canton Fair 2017年05月12日 11時50分
From 共同通信PRワイヤー

第121回広州交易会が閉幕、成約額は6.9%増

AsiaNet 68511 (0695)

【広州(中国)2017年5月10日PR Newswire=共同通信JBN】第121回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Fair(Canton Fair))は成約額とバイヤー数において堅調な伸びを見せ、閉幕した。広州交易会での総輸出契約高は前年比6.9%増の2063億6000万元(約300億2000万ドル)に達した。

▽海外からのバイヤーは数・質ともに上昇
第121回広州交易会でバイヤーの数が着実に増加した。海外からのバイヤーと参加者は19万6490人で2016年第119回広州交易会から5.87%増加した。

米州から訪れたバイヤー数は前年比9.6%増と最大の伸び率で、日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアからのバイヤー数はそれぞれ前年比12.57%、5.85%、4.53%、6.75%増加した。Belt and Road Initiative(一帯一路構想)圏内の国・地域からは8万8574人が訪れ、前年比8.55%増だった。

広州交易会の広報担当で中国対外貿易センター次長のシュ・ビン氏は「広州交易会は総合的な展示会プラットフォーム・サービスを世界の出展者とバイヤーに提供することに専心している。今年の広州交易会には1119の国際的なチェーン企業が参集した。ウォルマート、Walgreen、Carrefour、Aldi、Tesco、アマゾンなど2017年新たに発表された小売業トップ250社中109社が第121回広州交易会に参加した」と語った。

▽進化する交易会:出展者はデザイン・研究開発への投資拡大
今年の広州交易会で主に重視した点は対外貿易の促進とサプライサイドの構造改革支援だった。ハイアール、美的、TCL、Galanzなど多くの出展者はテクノロジー・品質・サービスにおける競争力を高め、バリューチェーンの上層へ事業を拡張するため、プロダクトデザインおよび研究開発に多額の投資を行っている。

シュ・ビン氏はまた「広州交易会は国際貿易のプラットフォームにとどまらず、出展者がさらに多くの国際的バイヤーにさまざまな方法でアピールする製品を作る助けとなるよう60年に及ぶ国際市場の知識を活用している」と述べた。

第122回広州交易会は2017年10月15日開幕を予定、引き続き優れた展示会プラットフォームとより上質の支援サービスをすべての参加者に提供する。

▽広州交易会について
1957年以来、広州交易会としても知られる中国輸出入商品交易会(China Import and Export Fair)は春と秋の毎年2回、広州で開催される。

詳細はリンク を参照。

Photo - リンク

ソース:Canton Fair

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。