logo

葬祭業界もIoTの時代へ 未来の葬儀を実現する

葬儀社アーバンフューネス 2017年05月10日 13時10分
From PR TIMES

第1弾は、故人を運ぶ専用車を手配するWebサービス『葬マップ』



人が亡くなる場所は自宅から病院へと変わり、今では8割の方が病院で亡くなっています。

病院によっては、亡くなってから2、3時間で故人の移動を求めてくるところもあります。従来は、このような状況で葬儀社を選び、葬儀社を通じて、故人を移動するための寝台車を手配しなければなりませんでした。

しかし、寝台車だけを手配し、故人を葬儀の日まで休める場所に移動し落ち着くことができたら、どんな葬儀を行うのか、どの葬儀社に依頼すればいいのか、考えるだけの時間を確保できます。

葬儀社アーバンフューネスは、病院などから故人が移動するために必要な寝台車を、遺族が簡単に手配できるWebサービス『葬マップ』を開発しました。

病院などからもっとも近い場所にいる寝台車を手配できるので、慌てて葬儀社を決めることなく、短時間で故人といっしょに移動できます。

寝台車の手配を葬儀社に依頼することなく、遺族の手でできるWebサービスが、「自分に合った葬儀を行う社会」を実現する第一歩となります。

『葬マップ』は6月27日のリリースを予定しています。

Webサイトで寝台車を簡単に手配できる『葬マップ』
▼近隣の寝台車をマップで「見える化」
GPSによる位置情報で、現在地の近くを移動している寝台車を簡単に把握できます。また、寝台車が到着するまで待つ間に、寝台車を所有する会社に相談もできます。
[画像1: リンク ]

▼現在地からの移動距離や費用が分かる
地図には、葬儀を行う斎場や、故人を休ませることができる専用の安置施設、火葬場も表示されます。現在地から移動先までの距離が分かるので、移動にかかる費用も算出できます。
[画像2: リンク ]


全国の葬儀社と提携し、葬儀事例や斎場の情報も発信
▼斎場で行われた葬儀の事例を紹介
『葬マップ』で表示される斎場のアイコンをタップすると、その斎場で行われた葬儀事例を掲載するWebサイト『葬儀ガイド』へ移行します。『葬儀ガイド』は、全国の斎場の葬儀事例を閲覧できます。『葬儀ガイド』に掲載されている葬儀事例は、遺族の掲載許可を頂いています。
[画像3: リンク ]

リンク

▼斎場の詳細な情報も発信
『葬マップ』で表示される斎場のアイコンをタップすると、その斎場の利用料金やキャパシティなど、詳細な情報を確認できる『斎場・葬儀場ガイド』にも移行できます。『斎場・葬儀場ガイド』も、全国の斎場の情報を閲覧できます。『葬儀ガイド』『斎場・葬儀場ガイド』は葬儀社アーバンフューネスが運営しています。
[画像4: リンク ]

リンク

葬儀事例や斎場の情報を登録する専用アプリ『葬ロング』
▼葬儀情報をWebサイトに公開
『葬儀ガイド』に葬儀事例を投稿するには、葬儀社アーバンフューネスが開発した専用アプリ『葬ロング』を利用します。葬儀の画像や総額、場所、内容、担当した葬儀社から担当者まで投稿することができます。
[画像5: リンク ]


▼葬祭関連施設の口コミも登録
専用アプリ『葬ロング』は、『斎場・葬儀場ガイド』とも連動し、葬祭関連施設の口コミやPR情報を投稿することができます。口コミの内容は、実際に葬儀を行うプロならではの視点から投稿されます。
[画像6: リンク ]


葬祭サービスの総合展示会に『葬マップ』を出展
今年で21回目を迎える葬祭サービスの総合展示会『フューネラルビジネスフェア2017』で、遺族が寝台車を手配できるWebサービス『葬マップ』や、『葬儀ガイド』『斎場・葬儀場ガイド』『葬ロング』のすべてを紹介。未来の葬儀がどうなるのか、体験いただけます。

フューネラルビジネスフェア2017 開催概要
開催日:6月26日・27日
場 所:パシフィコ横浜(横浜・みなとみらい)
主 催:綜合ユニコム

▼展示会についての問い合わせ先
綜合ユニコム株式会社 フューネラル事業部
TEL:03-3563-0043
FAX:03-3564-2560
リンク

※招待券をご要望の方は、下記までご連絡ください。
株式会社アーバンフューネスコーポレーション IT事業部 広報担当
TEL:03-5144-0133 
FAX:03-5144-0672
E-mail:creative@urban-funes.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事