logo

HULFTが、エッジコンピューティングをGUIで実現する 「DataSpider Edge Streaming」を2017Japan IT Week春 IoT/M2M展にて参考出展

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:内田和弘、以下、セゾン情報システムズ)は、セゾン情報システムズが販売、提供するMFT市場の世界売上第2位(※1)の国産ファイル連携ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」のIoT製品として、ノンプログラミングでエッジコンピューティングを実現する「DataSpider Edge Streaming」(プロトタイプ版)を2017年5月10日~12日東京ビッグサイトで開催される「2017 Japan IT Week 春」にて参考出展することを発表いたします。

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:内田和弘、以下、セゾン情報システムズ)は、セゾン情報システムズが販売、提供するMFT市場の世界売上第2位(※1)の国産ファイル連携ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」のIoT製品として、ノンプログラミングでエッジコンピューティングを実現する「DataSpider Edge Streaming」(プロトタイプ版)を2017年5月10日~12日東京ビッグサイトで開催される「2017 Japan IT Week 春」にて参考出展することを発表いたします。

■開発の背景
IoTではPoC(Proof of Concept:コンセプト検証)を通じた効果検証を行うことが一般的で、PoCスピードを上げたい、トライアンドエラーを繰り返し行い最適な環境を構築したい背景があります。しかし、IoT 機器に特化したコーディングが必要なこと、多数のIoT機器への同時デプロイが必要なこと、柔軟な処理の変更などが求められることから、その背景をクリアすることは難しい面があります。

●IoT 機器に特化したコーディングが必要
・低レイヤなセンサーデータ収集処理
・軽量なプログラムでないと IoT 機器で動作しない
●多数の IoT 機器へのデプロイ
・同じようなデータの収集処理を、量産化された IoT 機器に効率的に配布したい
●柔軟な処理の変更
・検証や試行錯誤を重ねながら IoT システムを構築したい

■提供ソリューション
参考出展で提供するソリューションは、ファイル・データ連携だけではなく、収集・分析・活用のIoTシステム全体をカバーしたソリューションとなり、NSW(日本システムウエア株式会社)の「Toami(トアミ)」との共同ソリューションとして環境を構成しています。
収集:「HULFT IoT」によるIoT Gatewayや産業機器からのセンサーデータをファイル連携による収集
収集:「DataSpider Edge Streaming」によるデータ連携による収集
分析:「Toami」による可視化・アラート検知・デバイス制御
活用:「DataSpider Edge Streaming」がノンプログラミングで作成した制御処理をIoT機器(エッジ)へ同時に複数台へデプロイ

■DataSpider Edge Streamingの特長
ドラッグ&ドロップでセンサーデータの収集処理を作成:EnOcean, BLE, ソケット通信などの低レイヤなセンサーデータ収集・変換に対応しており、IoT ゲートウェイのような限られたリソースでも軽量に動作。
スピーディーに展開:ゲートウェイでテスト実行や、複数環境への一括デプロイも可能です。

●商標関連
・「Toami」はNSWの IoT サービスを開発・構築するためのミドルウェアです。
・「HULFT」その他「HULFT」関連製品は、セゾン情報システムズの登録商標です。
・「DataSpider Servista」は、セゾン情報システムズの連結子会社である株式会社アプレッソの商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

●出典・注釈
※1 Source: Gartner “Market Share: All Software Markets, Worldwide, 2016“

■「Toami(トアミ)」(Powered by ThingWorx ※2 )について
(製品詳細 URL:リンク
IoT サービスを開発・構築するための専用プラットフォームです。収集したデータの見える化や機器制御 をはじめ、データ分析などが行えます。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプロ グラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現しています。

※2 ThingWorx (PTC IoT ビジネス) についてPTCのIoT(モノのインターネット)事業である「ThingWorx」は、「モノがインターネットに接続されたコネクティッドな環境」において、アプリケーションの開発と実行を効率的に行うプラットフォームテクノロジーを提供しています。PTC のIoTテクノロジーポートフォリオの中心となる「ThingWorx」は、接続性、デバイスクラウド、ビジネスロジック、ビッグデータ、データ解析、遠隔サービス等のアプリケーションを含む、世界初の完全なIoTプラットフォームを実現しています。この組み合わせは、企業が安全にアセットを接続し、すばやくアプリケーションを開発し、価値を生み出す新たなアプローチを切り開くことを可能にする、包括的なIoTテクノロジースタックを提供します。このテクノロジーを活用し、製造業、エネルギー、農業、輸送、政府関係機関等の幅広い市場における企業や機関が、すでにIoTの可能性を活かす取り組みを推進しています。

Webサイト: リンクリンク
Twitter: @ThingWorx、@PTC

■セゾン情報システムズ「HULFT IoT」について                       
(製品詳細URL:リンク
セキュアで独自なHULFTプロトコルでの伝送、暗号化機能、自動リトライ機能でIoT(Internet of Things/モノのインターネット)機器からのデータ連携を安全確実に行う「HULFT IoT」は、金融システムをはじめとした世界 43 ヵ国以上、8,700社に189,600本(※3)ご利用いただいているファイル連携ミドルウェア「HULFT」の品質をそのままに、IoT システム向けに最適化されたソフトウェア製品です。決済やセキュリティ、機器監視、位置追跡などデータ欠落が許容されない “IoT ミッションクリティカル” の領域で、デバイスとクラウドサービス間の、安全・確実なデータ連携を実現します。
※3 2017年3月末現在
■NSW(日本システムウエア株式会社)について                          
本社:〒150-8577 東京都渋谷区桜丘町 31-11
設立:1966 年 8 月 3 日
代表者:多田 尚二(代表取締役執行役員社長)
資本金:55億円
事業内容: システム構築、運用、クラウドサービス、データセンタ、組込みソフトウェア開発、LSI設計
証券コード: 9739 (東京証券取引所)

■株式会社セゾン情報システムズ について
本社:〒170-6021 東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60 21F
設立:1970年9月1日
代表者:内田 和弘(代表取締役社長)
資本金:1,367,687,500円
事業内容:カードシステム事業、流通・ITソリューション事業、HULFT事業
証券コード:9640 (東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)
URL:リンク

<報道関係者様からのお問い合せ先>
株式会社セゾン情報システムズ
広報担当:豊田・増田
TEL: 03-3988-3477
E-mail:kikaku@saison.co.jp

<製品に関するお問い合せ先>
株式会社セゾン情報システムズ
HULFT事業部マーケティング部:高山
TEL:03-3988-5301
Mobile:080‐6774‐6951
E-mail:info@hulft.com

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。