logo

陶芸窯の焼成温度を離れた場所でスマホやタブレットで監視 ! THC9000(窯おんど)新発売

ISA 2017年05月10日 00時00分
From PR TIMES

作品の温度プロファイルや窯出し時刻の管理でプロ、アマを問わず、より高度な作品作りと省力化に貢献(業界初)- ネットワーク監視・パワマネのISAから、新登場

株式会社アイエスエイ(略称:ISA、東京都新宿区新宿、代表取締役 三反崎 好弘)は、陶芸窯に対応した遠隔温度監視システム、“窯おんど“ を開発し、平成29年5月下旬から販売いたします。



従来、陶芸窯の温度管理は、プロの作家、アマチュアを問わず、作陶上の最重要項目でありましたが、窯付属温度計での監視は、その過程が何昼夜に及ぶこともあり、付ききりでの監視も難しく、母屋にていつでも温度確認が出来、また連続的に温度データが記録、表示されるような安価で使いやすいシステムが待ち望まれてきました。


[画像1: リンク ]

ISAのTHC9000(窯おんど)では、窯の熱電対端子に計測装置を接続するだけで既存の計測・制御・表示機能には影響を与えず、離れた場所に置かれた専用のサーバ装置にデータを送出し、Wi-Fi機能を有したスマホ、タブレットあるいはPC等で窯および工房内の現在温度やその時系列的な変化、時間当たり供給熱量(参考値)をグラフにて可視化、確認することができます。更に熱電対は2チャンネルまで対応し、格納できるデータは焼成1万回以上で、測定精度も19ビットAD変換器と精密零点補償により非常に正確です。

また、独立した無線Wi-Fiアクセスポイント機能を有したサーバ装置が提供されますので、外部とのネットワーク環境は不要で、ランニングコストもかかりません。特定の設定温度をサーバ装置のブザーやLED点滅などにより知らせることも出来、更に、弊社の主力製品であるネットワーク警告灯との併用により、サーバから更に離れた場所でもブザー音や音声、LED灯の点灯などで確実な警報を受けられます。測定ユニットとサーバユニットは完全防水仕様ですので工房外、軒下にも設置できます。

作品焼成時の温度変化を長期間にわたって高精度で確認でき、また、適正窯出し時刻も正確に把握できますので、より高度な作品作りや効率化にも寄与します。

陶芸窯以外の熱電対を使ったパン焼き窯、ピザ焼窯、または工業用炉の温度監視にも使用出来ます。

THC9000“窯おんど”の特長:

■ Wi-Fiによる遠隔監視
システムは窯側の測定装置とアクセスポイントを兼ねたサーバ装置の2つのユニットで構成され、Wi-Fi機能のあるスマホ、タブレットやPCでアクセスすることにより、離れた場所での連続監視が可能

■特別なネットワーク環境不要
本システムは、測定装置、サーバ装置およびWi-Fi対応スマホ、タブレットあるいはPCだけで独立システムを構成しており、他のネットワーク環境の準備は不要

■豊富な測定、表示、警告機能
1.標準で熱電対1チャンネルの窯温度表示(オプションで2チャンネルまで可)
2.工房内温度の同時計測表示(オプションのサーミスタセンサ要)
3.時系列的な温度変化グラフ表示
4.サーバ装置上のブザーやLED点灯による警告機能により設定された最終焼成温度付近や窯出し温度の温度管理が可能
5.ISAのWi-Fi機能付きネットワーク警告灯の付加により、更に離れた場所での確実な通知・警告が可能(オプション)

■高精度
最新の熱電対専用計測プロセッサを採用し、19ビットの高精度AD変換回路と精密な零点補償回路により-50℃~+1768℃にわたってリニアリティ精度±0.15%という高精度を達成

■各種熱電対に対応
標準ではRタイプに設定され、較正されていますが、他のK、J、N、S、T、E、Bタイプの熱電対にも対応可能(発注時指定)

■大容量データ記録が可能
サーバ装置内の不揮発メモリにより、1万回以上の焼成データ保存が可能

■記録データのPC等へのダウンロードが可能
更に詳細なデータ解析が必要な場合やデータのバックアップのために、サーバ内データはPC等に簡単にダウンロード可能

■悪環境下での使用に配慮
窯近傍の腐食性ガスや高温度、屋外設置時の風雨を考慮して、計測装置、サーバ装置ともに−20℃~+75℃に耐える、防水・防塵、完全密閉IP67規格のポリカーボネート製ケースに収納

■リーズナブルな価格設定
豊富な機能と利便性を備えた高精度計測システムをリーズナブルな価格で提供

■豊富な製品開発、販売実績、強力なサポート技術をもとに開発
弊社では長年ネットワーク監視、セキュリティ技術および計測・制御技術をもとに製品開発に取り組み、官公庁をはじめ有力企業への納入実績も豊富。ハードウェア、ソフトウェアはすべて自社開発しており、IT業界中心に高い評価を得ています。販売後のサポートにも定評があります

注記:熱電対
陶芸窯で使用される高温用温度センサーで、通常はRタイプと呼ばれるものが使用されます、THC9000ではその他のすべてのタイプの熱電対にも対応しています。2チャンネルまで対応できますので窯内の上下の温度差も同時に確認できます。(注文時指定およびモデル指定が必要)
注記:工房内温度
焼成時の工房内の温度で、サーミスタ温度計が提供されます。窯近辺はかなり高温になりますが、防災上からも監視は有益です。(注文時モデル指定が必要)
注記:時間あたり供給熱量時間当たりの供給熱量を参考値として表示します。


写真)左:測定装置 右:サーバ装置
[画像2: リンク ]



写真)iPadでの画面例[画像3: リンク ]



【販売計画】
販売開始:平成29年5月末
販売価格: 73,600~99,600円
年間販売想定数:2,000システム~
販売方式:メーカへのOEM、代理店販売およびISAダイレクト直販

【顧客問い合わせ先】
株式会社アイエスエイ 特機営業部
Email:kamaondo@isa-j.co.jp
TEL: 03-3208-1563

【会社概要】
社名:株式会社アイエスエイ
設立:1979(昭和54)年10月
資本金:1億円
代表取締役:三反崎 好弘
住所:東京都新宿区新宿6丁目24-16
ホームページ: リンク

文中の社名、商品名、機種名、各社の商標は登録商標です。

(C)2017 ISA Co., Ltd.
ISA製品およびサービスに関する保証条件は、製品およびサービスに付属する保証書に明示された保証条件のみによるものとし、本ニュースリリースの記載内容はいかなる追加保証するものではありません。
ISAは本ニュースリリースの記載内容に技術的誤りや欠落、記載にあたっての誤りや漏れがあった場合でも何ら責任を負いません。
2017年5月

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。