logo

MKIと沖縄銀行、事業計画策定支援システム「CIPS」のタブレット版を共同開発

-融資先の事業性評価や事業計画策定もタブレット上で実施し、融資判断の時間短縮を支援-

三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 MKI)と株式会社沖縄銀行(本社:沖縄県那覇市、代表取締役頭取:玉城 義昭、以下 沖縄銀行)は、事業計画策定支援システム「CIPS」をタブレット端末に対応させる機能を共同で開発しました。沖縄銀行で検証を行い、4月より利用を開始しています。今後MKIは、地域金融機関を中心とした全国の金融機関への提供を目指します。



近年、多くの金融機関が営業推進ツールとしてタブレット端末の導入を進めていますが、住宅ローンシミュレーションなど個人向け営業推進に用途が偏っており、法人向け営業推進に利用されるケースは未だ多くありません。沖縄銀行とMKIは普及したタブレット端末を法人向け営業推進ツールとして活用することを目指し、以前より共同開発を行っていた事業計画策定支援システム「CIPS」をタブレット端末に対応させました。

「CIPS」はMKIの融資ソリューション「CASTER」※1や金融機関内のその他のシステム、アプリケーションファイルなどに保存された、金融機関が保有する各種財務データの統合・分析を行い、結果を経営改善計画書や財務診断書、ソリューション営業提案書などの形で出力し、融資先のライフステージに応じたコミュニケーション強化を実現するための事業計画策定支援システムです。

今回開発したタブレット版では、融資先にて財務状況の課題を入力することで適切な提案を表示することや、定性ヒアリングの結果をリアルタイムにSWOT分析やPEST分析等に反映することが可能で、営業活動の効率化や提案レベルの向上を実現します。また、タブレットから取込んだデータは稟議添付資料や自己査定システムへ転送が可能で、営業担当者の事務作業の削減や融資判断のための時間短縮を図ることが期待できます。

沖縄銀行の金融業務に関するノウハウとMKIの金融システム構築ノウハウを組み合わせ、両社は今後も金融機関のICT活用への貢献を目指していきます。

※1 OCRで読み込んだ決算書データの財務分析を行い金融機関が融資判断に使用する資料を作成するMKIの融資ソリューション。

■「CIPS」タブレット版 利用イメージ

[画像: リンク ]



【製品ページ】
「CIPS」のご紹介
リンク


【株式会社沖縄銀行について】
株式会社沖縄銀行は、昭和31年7月に創業し、「地域密着・地域貢献」を経営理念に掲げ、地域の皆さまとともに歩み、成長発展を遂げてまいりました。平成28年7月に創立60周年を迎えるにあたり、平成27年4月からの3年間を計画期間とする『第17次中期経営計画CHANGE FOR VALUE』をスタートし、全ての業務をお客さまの立場に立って革新(CHANGE)から「お客さま目線の新たな価値(VALUE)創造」へ取組んでおります。沖縄銀行はお客さまのライフサイクルに応じた経営課題に対してワンストップでサービスを提供し、お客さまと共通価値を創造し、その価値を共有することに取り組んでまいります。
ホームページ:リンク


【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、コンサルティングからシステム開発、基盤構築や運用・保守などITに関わる多様なサービスを半世紀にわたりお客様に提供してきました。合併10周年を迎えた2017年4月には新たに"デジタルトランスフォーメーションセンター"を設置し、お客様のビジネス創造を実現する新しいITサービスを展開しています。MKIは常に市場やお客様のニーズを捉え、蓄積された技術と知=KNOWLEDGEを駆使することで、新たなビジネスの創出と顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続けていきます。
ホームページ: リンク

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
 株式会社沖縄銀行
 融資統括部 融資企画管理グループ
 TEL :098-869-1298  E-mail : shinsa6@okinawa-bank.co.jp

 三井情報株式会社
 金融・コンタクトセンター営業本部 金融第一営業部
 TEL :03-6376-1114  E-mail : regionalbank-sales-dg@mki.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。