logo

「第8回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」シャープブースのご紹介

シャープ 2017年05月09日 11時04分
From PR TIMES

“主体的な学び”を支援する各種IT機器やソリューションを出展



[画像: リンク ]


 シャープは、5月17日(水)~19日(金)まで、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される教育関連の専門展示会「第8回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展します。

 「ひとり一人に寄り添う、ICTソリューションを目指して ~for Education & Study~」をコンセプトに、“主体的な学び”をサポートする各種IT機器やソリューションを提案します。

■ 主な出展内容
1.電子黒板「BIG PAD」シリーズ
大きな教室で活用できる大画面の80V型から少人数でのグループ討議に適した40V型まで、電子黒板「BIG PAD」のラインアップを紹介します。70V型の4K対応モデルも参考出展します。

2.学習支援システム新「STUDYNOTE(スタディノート)」(参考出展)
電子黒板「BIG PAD」とタブレット端末をつなぎ、先生と生徒が双方向にコミュニケーションしながら授業を進められる学習支援システム「STUDYNOTE」の新シリーズを参考出展します。ブースにて、模擬授業を体験いただけます。

3.レーザー光源採用の超短焦点プロジェクター(参考出展)
約49cmの投写距離から100型の映像を映し出せるレーザー光源採用の超短焦点プロジェクターを参考出展します。視聴覚教室や校内の案内板などでの活用を提案します。

4.「RoBoHoN(ロボホン)」を活用したプログラミング教育の提案
小学校でのプログラミング教育の必修化を見据え、モバイル型ロボット電話「ロボホン」のプログラミング教育への活用を提案します。「ロボホン」と対話しながら楽しく学べます。

5.統合型学習アプリケーション「Brain+(ブレーンプラス)」
日々の学習に役立つ辞書や参考書を収録したタブレット端末向けの統合型学習アプリケーション「Brain+」を出展します。オリジナル教材を取り込み、辞書や音声読み上げなどが内蔵されたアプリケーションと連携できるので、授業でも活用いただけます。

■ 出展場所:西4ホール「ICT機器ゾーン」

「第8回 教育ITソリューションEXPO」について : リンク

当社の教育関連製品、サービスに関する情報は以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
リンク


※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
リンク

【プレスリリース全文(PDF版)】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事