logo

DHLエクスプレスとペイパル、eBayの越境EC向け国際輸送費用のオンライン決済をスタート

●ショッピングと一体化した国際エクスプレス配送料金決済は日本初 ●eBay、海外通販事業者向けサービス強化による差別化



国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社(代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区、以下DHLジャパン)とPayPal Pte. Ltd.(本社:シンガポール、東京⽀店カントリーマネージャー:曽根 崇、以下「ペイパル」)は、グローバルなオンライン・マーケットプレイス「eBay」(イーベイ)を通じた日本企業の海外への販売を支援するイーベイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤丈彦、以下「イーベイ・ジャパン」)の顧客向けに、日本発国際エクスプレス配送料金のペイパルでのオンライン決済を、2017年5月15日より提供開始します。
[画像1: リンク ]

イーベイ・ジャパンでは、輸送オプションの拡充、物流決済手続きの簡素化推進により、eBayを通じた越境ECに取り組む通販事業者向けサービスを強化し、他マーケットプレイスとの差別化を図ります。米国はもちろん中国などのアジア諸国向けにも、発送から最短翌日の到着を可能にする国際エクスプレスサービスを消費者(購入者)が手軽に選択できる環境を整えることにより、通販事業者にとっての顧客満足度の向上・リピート率向上を図ります。

イーベイ・ジャパンの佐藤丈彦は、「日本企業の海外への販売(越境EC)を長く支援してきたイーベイ・ジャパンは、海外向けに販売を行う際の課題を深く理解し、パートナーとともにその解決に取り組んできました。今回の国際配送費用のオンライン決済開始により、事業者の皆さまにより優れた体験を提供できるものと考えています」と述べています。
世界的なECの広がりとともに、日本でも、越境EC市場へ参入する企業、特に中小企業・小規模事業者が増えています。このたび、DHLジャパンとペイパルは、eBay利用事業者の国際エクスプレス配送の決済にペイパルを導入し、日本の海外通販事業者の配送料金の支払いを、一括かつオンライン上で全て完了させることで、利便性の大幅な向上を図り、日本の特に中小通販事業者の越境EC事業の成長を強力にサポートします。

ペイパル東京⽀店カントリーマネージャーの曽根 崇は、「越境ビジネスにおけるDHLの配送料金の支払いにPayPalを選択いただくことで、通販事業者の皆様の手間となっていた請求書処理などのコスト削減を実現し、利便性と迅速性を合わせたより高い価値を訴求できるようになると考えています。事業者様にとっても、ユーザー様にとっても、越境ビジネスがより一層身近なものになることを期待しています。」と述べています。

DHLジャパンでは、近年の越境EC貨物取り扱いの急激な増加に対応すべく、昨年12月に、個人向け国際EC配送の需要に特化した新サービス「オンデマンドデリバリー」の開始を発表、既に東京、大阪、名古屋を含む全国の主要都市への導入を完了し、今年前半中の全国展開を進めています。「オンデマンドデリバリー」は、海外通販サイトなどで購入した荷物受け取りの際、日中不在がちな個人のお客様が事前に配達予定日を知ることができ、また都合に合わせてその荷物の受け取り方法を選べる利便性の高いサービスです。

DHL ジャパン代表取締役社長の山川丈人は、「日本発着のDHL エクスプレス取扱越境EC 貨物は著しい伸びを見せており、これは、多頻度小ロットでスピーディーな輸送を信頼性の高いトレーサビリティで実現する国際エクスプレスサービスがお客様から高く評価いただいていることの証にほかなりません。このたびの共同サービス開始により、越境EC市場へ参入している日本の海外通販事業者へ更なる利便性をご提供できることを嬉しく思います」と述べています。

【DHLの概要】
[画像2: リンク ]

DHL - 世界のロジスティクス企業

DHLはロジスティクス業界のグローバルにおけるリーディングブランドです。グループの各部門が提供するサービスは、他社の追随を許さない広範囲なポートフォリオを構成しており、国内および国際小包配達から、eコマースの受注・商品配送、国際エクスプレス、陸上、航空・海上輸送、産業サプライチェーンマネジメントにまでおよびます。世界220以上の国・地域で35万人の従業員が、人々やビジネスをしっかりと確実に繋ぎ、グローバル貿易のフローを支えています。テクノロジー、ライフサイエンスやヘルスケア、エネルギー、自動車、そして小売りなどの産業、成長市場向けの特別なソリューション、これまでの社会的責任へのコミットメント実績および発展市場における強固な事業基盤から、「世界のロジスティクス企業」と明白に位置付けられています。DHLは、ドイツポストDHL傘下のブランドで、グループ全体の2016年の売上は570億ユーロ超に達します。

【eBay Inc.およびイーベイ・ジャパンについて】
[画像3: リンク ]

eBay Inc.(米国NASDAQ上場、ティッカーシンボル:EBAY)は、世界中から1億6,900万人ものバイヤー(買い手)が集まる世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay」などを運営する、世界をリードするコマース企業です。1995年に米国カリフォルニア州サンノゼで創業され、ひとりひとりがそれぞれのパーフェクトを見つけられる場所として、世界中の買い手と売り手を結びつけています。2016年の取引高は840億ドル(約10兆円※)となり、常時11億商品が世界中から出品されています。日本法人であるイーベイ・ジャパン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤丈彦)は、海外での販路開拓や売上拡大をめざす日本国内の法人企業をサポートしています。

※ 2016年末の為替レート(1ドル=117円)で換算。
リンク

【ペイパルについて】
[画像4: リンク ]

ペイパルは1998 年に設⽴以来、お⾦のやりとりをもっと⾃由に、もっと安全にすることを目指し、⼀貫してデジタル決済のイノベーションに努めてきた⽶シリコンバレーのフィンテックカンパニーです。 ペイパルは、消費者に対して安⼼・便利なネット、リアルそしてモバイルでのショッピングや個人間送⾦(※1)を実現するデジタルウォレットサービスを提供する⼀⽅、ビジネスに対してはシンプルかつ低コストな決済ソリューションから、越境EC・訪⽇観光EC、モバイル・アプリ、シェアリングエコノミー(C2C スキーム) 、 または次世代ショッピング&デジタルコマースまで対応できる幅広いプロダクトやサービスを提供しています。 現在では200 以上の国と地域で、100 通貨以上での決済、56 通貨で銀⾏⼝座への⼊⾦(※2)、25 通貨(※3)での⽀払いの受け取りが可能なネット決済のグローバルスタンダードとして、2 億300万人が世界中でペイパルを利⽤しています。ペイパルは世界をリードするオープンデジタル決済プラットフォームとして、昨年約61 億件の取引を決済し、うち20 億件はモバイル決済でした。

ペイパルに関する詳細はabout.paypal-corp.com をご参照ください。
また PYPL financial information についてはinvestor.paypal-corp.com をご参照ください。
ペイパルの⽇本語サイトはwww.paypal.jp となります。
(※1) ⽇本では個人間送⾦および個人の銀⾏⼝座からの⽀払いには対応していません。
(※2) ⽇本では銀⾏への引き出しは、円のみです
(※3) ⽇本では22 の通貨に対応しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。