logo

第2回「楽天証券ファンドアワード」 最優秀ファンド決定

楽天証券 2017年04月27日 17時32分
From PR TIMES

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、第2回「楽天証券ファンドアワード」における最優秀ファンドを決定しましたので、お知らせいたします。

<第2回 楽天証券ファンドアワード最優秀ファンド一覧>

■国内株式部門
「日興ジャパン高配当株式ファンド」 日興アセットマネジメント株式会社

■海外株式部門
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」 ニッセイアセットマネジメント株式会社

■国内債券部門
「三井住友・日本債券インデックス・ファンド」 三井住友アセットマネジメント株式会社

■海外債券部門
「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド」 ニッセイアセットマネジメント株式会社

■国内不動産(リート)部門
「野村インデックスファンド・J-REIT」 野村アセットマネジメント株式会社

■海外不動産(リート)部門
「野村インデックスファンド・外国REIT」 野村アセットマネジメント株式会社

■バランス(可変配分)部門
「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)」 東京海上アセットマネジメント株式会社

■バランス(固定配分)部門
「日本3資産ファンド 安定コース」 アセットマネジメントOne株式会社


楽天証券は、昨年、個人投資家の資産形成を支援することを目的に、「楽天証券ファンドアワード」と題し、優秀なファンドの選出、運用会社の表彰を行ってまいりました。最優秀ファンドの選出にあたっては、楽天証券「ファンドスコア」を用いた完全定量評価による選出方法に基づき、計24ファンド(8カテゴリーの表彰部門から各3ファンド)を優秀ファンドとして選出した後、楽天証券のお客さまの投票を経て、各表彰部門1ファンドずつ、計8ファンドを決定いたしました。なお、優秀ファンドの選出方法については、楽天証券投信評価諮問委員会による公平性の確認を経ております。

※詳細は楽天証券Webサイトの特設ページをご覧ください。
リンク

最優秀ファンドの表彰は、5月13日(土)に開催する資産形成フェスティバル(ベルサール高田馬場(東京都新宿区))にて行われます。

楽天証券では、今後もお客様のニーズに合わせたサービスや商品を提供することで、更なる顧客基盤の拡大を図ってまいります。

【優秀ファンド選出方法】
下記1)、2)の順位を合算し、部門ごとに上位3ファンドを選出
1)2016年12月末時点の3年スコアの順位
2)2015年1月末から2016年12月末までの1年スコア(24期間)の平均順位を合算
※ただし、下記条件に該当する場合は次点のファンドが繰上げとなります。
・純資産残高が30億円未満の場合
・既に受賞が確定している銘柄と同一のマザーファンドで運用されている場合
・楽ラップ専用ファンド
・確定拠出年金専用ファンド

【最優秀ファンド選出方法】
優秀ファンドとして選出された8部門計24ファンドを対象とし、楽天証券のお客さまの投票を経て、各部門1ファンドずつ、計8ファンドの最優秀ファンドを決定しました。なお、優秀ファンドの選出方法については、楽天証券投信評価諮問委員会による公平性の確認を経ております。
・投票者:楽天証券に証券総合口座を開設済みのお客様(投票は一人1回)
・有効投票数:約8,200件
・投票期間:2017年2月15日(水)~2016年4月16日(日)

【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事