logo

「47都道府県の一番搾り」が「第9回 日本マーケティング大賞」を受賞

キリンビール株式会社 2017年04月27日 16時14分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)の「47都道府県の一番搾り」は、日本マーケティング協会が主催する「第9回 日本マーケティング大賞」において、大賞を受賞しました。表彰式・贈呈式は5月29日(月)に、アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区九段北4-2-25)で開催されます。
「47都道府県の一番搾り」は、“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、地域で暮らすお客様と一緒になって、地域の魅力を発掘しながらつくりだした特別な「一番搾り」です。
キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

■受賞ポイント

47都道府県ごとの特性を生かした商品開発やお客様の郷土愛を効果的にマーケティングに活かし多くの支持を獲得した点や、開発・販売・プロモーションが一体となってダイナミックに地域活動を展開した点などを評価いただいています。

■キリンビール株式会社 代表取締役社長 布施孝之 受賞コメント

「このような名誉ある賞をいただき大変光栄に存じます。今回商品コンセプト開発に参加いただいた地元のお客様をはじめ、関係者の方に心より感謝申し上げます。今年も発売する同商品を通じて“お客様のことを一番考えている会社”を目指し、地域に密着した活動を推進してまいります。」

■「47都道府県の一番搾り」好調の要因について

(1)共創型の商品コンセプト・楽しみ方の開発
地元の食・文化・情報に精通されたお客様と当社社員が一緒に商品コンセプトやその楽しみ方を考える共創ワークショップを全国で実施したことで、“地元の誇りに溢れた”コンセプトの開発に繋がりました。

(2)地元の気質や風土に合わせた47種類の味覚設計
地元のお客様と共創した商品コンセプトを元に、全国の当社支社・工場・開発部門が試行錯誤を繰り返し、地元の気質や風土に適した47種類の味覚開発に成功しました。

(3)エリア特性に合わせた営業活動・プロモーションの展開
全国で実施した共創ワークショップを起点に、各エリア特性に合わせた営業活動プランを構築し、より地域に根差した活動を推進することができました。

(4)全国9工場の生産能力をフルに活用した製造体制の構築
全国9工場の製造設備を最大限に活用することで、47種類の新商品を製造できる体制を早期に構築することができました。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事