logo

映像と音像が建築と一体となり、空間を体験させるインスタレーションが複合施設「渋谷キャスト」に登場

―世界から注目されるスペシャリスト集団による、来場者が空間に溶け込む環境演出を実現―

ヒビノ株式会社とイッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下、イッツコム)は、4月28日(金)に開業する東京・渋谷区の複合施設「渋谷キャスト」の貫通通路に立つ3本の柱に、大小計18面の高精細LEDディスプレイと、27台のマルチサウンドシステムを設置し、これらを用いて空間の一体感を構成するインスタレーション(※)「AXYZ(アクシズ)」を公開します。
また、このインスタレーション制作には、インタラクティブな広告プロジェクトや先鋭的なメディアアート作品など、世界で注目されるスペシャリスト集団の株式会社ライゾマティクスが担当します。




[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

コンテンツは、大小計18面の高精細LEDディスプレイと、27台のサウンドシステムによって、時刻、天気、季節などのリアルタイム情報を取り込みながら、渋谷キャストに訪れる人々と渋谷の「今」を体感できる空間のかかわりを生み出します。


この空間の一体感を演出するのに重要な役割を担う大小計18面の高精細LEDディスプレイには、ヒビノ社製を導入しました。本ディスプレイには常設の設備としては日本初となる全天候型3.9mmピッチ仕様のものを採用し、それぞれのディスプレイが一体となる映像演出を実現します。

また、これら渋谷キャストの貫通通路インスタレーションへの配信、管理、保守などの運用業務は、イッツコムが担当します。イッツコムでは他にも、施設内「渋谷キャスト スペース(多目的スペース)」のエントランスに設置されるデジタルサイネージの開発・運営も実施します。

以上
(※)インスタレーション:作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術表現
【作品名】 AXYZ(アクシズ)  ※AXIS=軸から派生した造語
【コンセプト】 X Y Zの3軸からなる空間軸に、人間が感知できるA軸を加える事で空間と人との関わりを作る。
 建築と調和する全方位の表現により、そこを通る人の感性を開き、空間をさらなる高次元へと変容させる。
【コンテンツ】時刻、天気、太陽電力の発電量など、その場のリアルタイム情報を取り込みながら3次元的に移り  
 変わる映像と音像を生成。建築構造と一体となることで、人の空間認識を刺激し、空間を拡張させる。
 街に溢れるディスプレイをその枠から開放することで新たな表現の場として活用される未来を示唆する。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

photo:本間 無量(rhiozmatiks reasarch)

◆納入したLEDディスプレイの概要
製品名:ChromaVision(クロマビジョン)39
主な特長:
1.高精細でありながら全天候型
高精細3.9mmピッチLEDを用いた高画質映像を、既存のディスプレイでは難しかった屋外でも実現。
2.高輝度
最大輝度5,000cd/m2 により、屋内はもとより太陽光の当たる屋外でも高コントラストな映像を再現。
3.スケーラブル
ディスプレイモジュール(W250mm×H250mm)は任意の数で組み上げられるため、画面の大きさや縦・横比率を用途や設置場所に合わせてフレキシブルに設定でき、目地のない大画面を構築可能。

◆複合施設「渋谷キャスト」概要
名称:渋谷キャスト(SHIBUYA CAST.)
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-21
アクセス:JR・京王線・東京メトロ・東急線 渋谷駅 13番出口より徒歩1分
URL:リンク
事業主体:渋谷宮下町リアルティ株式会社
※東京急行電鉄株式会社、大成建設株式会社、サッポロ不動産開発株式会社、東急建設株式会社の4社が出資

■会社名: ヒビノ株式会社    URL: リンク
代表取締役社長: 日比野 晃久
所在地: 東京都港区港南3-5-14
事業内容: 業務用音響・映像機器の販売、システム設計・施工・メンテナンス/LEDディスプレイ及び周辺機器の開発・製造・販売/コンサート・イベント用音響システム・映像システムの企画立案、レンタル、オペレート等

■会社名: 株式会社ライゾマティクス    URL: リンク
代表取締役社長: 齋藤 精一
所在地: 渋谷区東2-27- 7 恵比寿東ハイツ第2 1F
事業内容: ウェブデザイン、インタラクティブデザイン、グラフィックデザイン、内装・建築

■会社名: イッツ・コミュニケーションズ株式会社    URL: リンク
代表取締役社長: 高秀 憲明
所在地: 東京都世田谷区玉川2丁目21番1号 二子玉川ライズ・オフィス
事業内容: 放送法による一般放送事業、電気通信事業法による電気通信事業 他

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事