logo

情報システム学会 第10回シンポジウム 『医療と情報』をテーマに開催

5月13日(土) 青山学院大学 青山キャンパス

人間中心の情報システムを志向し,ビジネス・研究領域の融合や情報システム人材の育成を目的としている一般社団法人 情報システム学会(会長:伊藤重隆)では、第10回シンポジウムを5月13日(土) 青山学院大学 青山キャンパス 第4会議室(6号館1階)で開催します。

今回のテーマは、『医療と情報』。
特別講演と、昨年において第1回浦昭二記念賞を受賞した方々の講演が予定されています。
【特別講演】
永年にわたり、ひたちなか総合病院で医療活動に従事されてきた永井庸次氏の「医療と情報システムの最近動向」についての講演。
【第1回浦昭二記念賞受賞者講演】
講演1
実践賞を受賞した日本調剤株式会社様及び合同会社水野様による講演。テーマは「患者志向情報システム開発・活用による地域医療への貢献」。
講演2
実践賞を受賞した「コンピュータ概論―情報システム入門(第6版)」筆者の方々による、継続的な情報リテラシ教育の実践と今後の展望。

■日時  2017年5月13日(土) 13:30~17:10
■場所  青山学院大学 青山キャンパス 第4会議室(6号館1階)
      〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
リンク
■プログラム
13:30~  会長挨拶
13:35~  第1回浦昭二記念賞受賞者講演1
「患者志向情報システム開発・活用による地域医療への貢献」
三津原庸介氏(日本調剤株式会社)、河野文隆氏(日本調剤株式会社)、荻原真喜乃氏(合同会社水野)
14:35~  第1回浦昭二記念賞受賞者講演2
「コンピュータ概論―情報システム入門(第6版)の出版と継続的な情報リテラシ教育の実践」
魚田勝臣氏(代表:専修大学名誉教授)、渥美幸雄氏(専修大学)、植竹朋文氏(専修大学)、大曽根匡氏(専修大学)、森本祥一氏(専修大学)、綿貫理明氏(専修大学)、石井徹也氏(共立出版)

15:50~  特別講演「医療と情報・情報システムの最近動向」
永井 庸次氏(日立製作所人財統括本部産業医療推進センタ長、ひたちなか総合病院名誉院長)
16:55   閉会
※なおシンポジウム終了後、17:30より情報交換会(会場:「Uncle Hat(アンクルハット)」:港区南青山5−6−23 スパイラル8F)が予定されています。

■参加費:
情報システム学会会員:無料/学生:無料(学生証必要)
非会員 2,000円
※情報交換会参加費(会員、非会員とも) 6,000円
■参加申し込み
5月5日までにメールで事務局 issj-office@issj.netに。
■お問い合せ先
情報システム学会 事務局 : issj-office@issj.net
■詳細
リンク

■情報システム学会(Information Systems Society of Japan)について
2005年設立。2010年7月1日より一般社団法人として活動を開始。
日本学術会議が認定した「協力学術研究団体」。
事務局所在地:〒102-0073 東京都千代田区九段北1-10-9 九段VIGAS 5階
URL:リンク

関連情報
http://www.issj.net/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。