logo

アリスポーツがeスポーツのオリンピックファミリー導入を目指してOCAと戦略提携

アリスポーツ (Alisports) 2017年04月24日 14時34分
From 共同通信PRワイヤー

アリスポーツがeスポーツのオリンピックファミリー導入を目指してOCAと戦略提携

AsiaNet 68271 (0591)

【杭州(中国)2017年4月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*2022年の杭州アジア大会公式競技にeスポーツ

総合的なスポーツプラットフォームのプロバイダーであるアリスポーツ・グループ(Alisports Group)は、アジア・オリンピック評議会(OCA)と戦略提携契約を結んだと発表した。双方はコラボを通じて、ビデオゲームのeスポーツを2022年杭州アジア大会の公式競技プログラムに含め、伝統スポーツ分野への新興競技導入で協力する。

Photo - リンク
(写真説明:アリスポーツがOCAと戦略提携契約に調印)

2022年杭州アジア大会とは別に、eスポーツは2017年アシガバート・アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(AIMAG)および2018年ジャカルタ・アジア大会にも加えられる。OCA戦略パートナーのアリスポーツは、eスポーツ推進とイベント開催の専門知識を活用して、OCA主催大会の市場拡大支援に積極的に関与する。

OCAのアーマド・アル=ファハド・アル=サバーハ会長は「アジア・オリンピック評議会はアジアスポーツの継承、発展、向上にコミットしており、アリスポーツとの戦略提携をうれしく思う。アリスポーツの広範囲に及ぶ組織力とeスポーツ経験があらゆるスポーツの発展でOCAの役に立つと確信している」と語った。

OCAによると、今年9月のAIMAGで争われるeスポーツには、FIFA 2017、マルチプレーヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)、リアルタイムアタック(RTA)のゲーム様式が含まれる。これらは世界のeスポーツプレーヤーの中で最も人気があるゲーム様式で、国際eスポーツ大会(WESG)に組み込まれている。WESGはアリスポーツが昨年立ち上げた大会で、100カ国以上のプレーヤーを引き付けている。

アリスポーツは積極的にeスポーツを推進しており、長年「伝統」スポーツの舞台になってきた会場とイベントにデジタル競技会を導入する長期目標がある。アリスポーツのチャン・ダチョン創業者兼最高経営責任者(CEO)は「OCAと協力することは喜びであり、アリスポーツへの信頼に感謝したい。将来、緊密に協力して大規模ゲーム、イベント発展の新方式を開発し、スポンサーにより多くの機会と価値を提供する。eスポーツのファンだけでなく、世界のオーディエンスにさらに面白いビデオゲーム大会を紹介できることを楽しみにしている」と語った。

チャン氏は、デジタルゲーム・トーナメントがより専門的に組織され、eスポーツがいずれオリンピック大会に採用され、大会が本流エンターテインメントとして一層受け入れられることを期待すると付け加え、「そうなるのも単なる時間の問題だ」と述べた。

▽アジア・オリンピック評議会について
アジア・オリンピック評議会(OCA)はアジアのスポーツ全体を管轄する運営組織で、国際オリンピック委員会(IOC)が承認する5大陸の組織の1つである。

OCAは1982年に創設され、クウェートに本部を置いている。OCAの主要目的は、アジア青年のスポーツ、文化、教育を発展させ、スポーツを通じて国際的な敬意、友好、親善、平和を推進することである。

▽アリスポーツ・グループについて
アリスポーツ・グループ(Alisports Group)は2015年、中国の大手eコマース企業、アリババ・グループによって、アリババ・スポーツ・グループとして創設された。eコマース、メディア、マーケティング、ビデオ、家庭用エンターテインメント、クラウドコンピューティング、その他インターネット対応技術を統合し、スポーツ著作権、スポーツメディア、イベント、チケット発行などプロスポーツ業界のさまざまな局面に参画するスポーツプラットフォームを構築している。

アリスポーツは、アリババ・グループの膨大なeコマース・エコシステム、メディア・リソース、さらに、中国ニューメディアとスポーツ分野における豊かな経験を利用して、インターネットをベースにした消費者中心のスポーツプラットフォームを創出した。それはスポーツ業界関係者のために価値を生み出し、消費者とファンのチームおよびブランドへの関与を強化している。

ソース:Alisports

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。