logo

LONGi Solarが新ソーラーモジュールHi-MO2を発表 高効率の単結晶PERC型両面技術の新時代を開く

LONGi Solar 2017年04月24日 13時32分
From 共同通信PRワイヤー

LONGi Solarが新ソーラーモジュールHi-MO2を発表 高効率の単結晶PERC型両面技術の新時代を開く

AsiaNet 68265 (0590)

【上海2017年4月21日PR Newswire=共同通信JBN】SNEC PV Power Expo 2017は4月19日、上海で開幕した。LONGi Groupのリ・ジェングオ社長とLONGi Solarのリ・ウェンシュエ社長が、観客に重量級の新しいソーラーモジュールHi-MO2を公開した。同製品は高出力、高エネルギー容量、低LCOE(均等化発電原価)を誇り、高効率の単結晶PERC型両面発電技術の新時代を開く。

Photo リンク

Hi-MO2は、単結晶両面PERCテクノロジーに基づいて開発された両面発電製品であり、72セル・モジュールの電力は360-365Wに達するともに、60セル・モジュールの発電も300-305Wに達する。前面は通常のPERCに相当し、セル効率が21%を超える。一方、背面はガラスパッケージを採用して、両面での日照受容と発電を実現する。背面は最高25%までエネルギー収量を上げ(PVシステムの設計とバックグラウンド条件によって異なる)、投資家により大きな投資利益をもたらすことができる。

LONGi Solarは昨年、最先端PERCセル技術と単結晶シリコン低LIDソリューションに基づくHi-MO1を発売した。Hi-MO1の低LID技術と両面PERC技術に基づいて開発されたHi-MO2は、1年目の劣化が2%以下を達成し、平均年間劣化も0.45%以下にすることができて、双方とも通常のモジュールより優れている。

LONGi Solarのリ・ウェンシュエ社長は「Hi-MO2は、モジュールの背面まで、モノPERCの能力を伝え、コスト増なくより高い電力とエネルギー収量を実現するので、LCOEの削減を助け、PV発電所への投資家により大きな価値をもたらす。効率増、低価格、高品質の製品を提供することは、一貫してLONGiが堅持するイノベーションの理想である。LONGiは最高のコスト効率で高効率の単結晶PV製品を供給し続け、グリッドパリティに向けた進歩を促進するためにテクノロジーを利用、環境条件を改善するためより大きく貢献することに確信を持っている」と語った。

LONGi Solarの365W Hi-MO2モジュールは、すでに量産体制にある。Hi-MO2は将来、大規模な公益発電所、商用ルーフトップ、漁業用PV統合洋上発電施設、その他分散型PVプロジェクトなどに広く利用される。

▽LONGi Solarについて
LONGi Solarは、世界をリードする単結晶ソーラーセルおよびモジュールのメーカーであり、太陽光発電プラントの投資家に費用対効果のあるソリューションを提供することに注力している。ウェブサイトen.longi-solar.com(リンク )を参照。

ソース:LONGi Solar

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。